FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
算命学・占いの雑学・子供の生まれた順番と陰と陽
算命学・占いの雑学・子供の生まれた順番と陰と陽 

前にもご説明してありますが、男性は陽(+)、女性は陰(-)でした。
しかし、最初に生まれてくる子供、第一子は必ず陽(+)です。

どうして陽になるのかといいますと・・・
母親は当然のことですが、女性、陰(-)です。
子供は母親、陰(-)から生まれてきます。
陰と陽の原則は、陰・・・陽・・・陰・・・陽というように繰り返していく約束事があります。
ですから母親、陰(-)から生まれる最初に生まれる子供は、その原則通り必ず陽になります。

先祖からの血の流れや遺伝的なもの、子供たち、孫たちの全ては母親中心です。
決して父親からは子供は生まれてきません。
父親は共同作業としての遺伝的な責任はあります。
つまり母親は大地そのものの存在なのです。

そして第一子は陽(+)・・・第二子は陰(-)・・・第三子は陽(+)というように繰り返されていきます。

男性=陽(+)、女性=陰(-)という約束事がありました。
たとえば第一子が、女の子が生まれたとします。
第一子は陽(+)=男性でした。
そのためにこの女の子は男性の気質を持ったお子さんという判断が出来ます。

陽(+)の子供は・・・第一子、第三子、第五子など奇数の子供です。
陽(+)・・・男性・・・精神的という基本があります。
そのために男女を問わず精神性を重んじるために、何となく大人びたところがあり礼儀正しい子供です。
親にとやかく言われる前に与えられた勉強はキチンとします。
夢や理想を描き、目の前のことより将来へのロマンの強い子供です。
陰(-)の子供は・・・第二子、第四子、第六子など偶数の子供です。
陰(-)・・・女性・・・現実的という基本があります。
たとえば学校から帰ったらテレビゲーム、そして塾に行く、明日は野球をやろう、お年玉が貯まったから何か買おうかな、それとも貯金しようかなといった調子で、今その時に一生懸命で夢やロマンではなく逞しさのある子供です。

皆さんは何番目に生まれたお子さんでしょうか。
生年月日に関係なく大きく判断していくものです。
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/96-a2058f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)