FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
算命学・占いの雑学・この世とあの世・魂の原型
人間の魂というのは、最初は小さな核から始まり、年と共に大きな核に成長していきます。
三歳、四歳、五歳と成長していくと、親のエネルギーを強く受けたり、親の教育観念が入ってきたり、祖父母の影響があったり、住んでいる場所でのさまざまな事柄の経験など、そういうものがどんどん入ってきて徐々に「魂」が膨れ上がってきます。
その「魂」は膨れ上がりながら、いろいろなものが自分の体の中で「凝縮」されていきます。
そして、人間が死ぬと肉体がなくなり、「魂」が徐々に融けていきます。

ところが亡くなる時に、やり残したことが沢山あって思いを残したまま死んだとしますと成仏できません。
成仏というのは満足して死ぬことですが、成仏できないまま死にますと魂が固く「凝縮」したまま融けていきません。

魂というのはいろいろ異質なものが絡み合って出来ていますから、それが思いを強くして死にますと、死んでからも魂が融けません。
幽霊というのは、魂が融けないで亡くなった時の姿のままで出てきてしまいます。

幽霊の寿命は長いもので2000年を越えると言われています。
2000年とは長いものですが、魂が融けないだけに本人には2000年も経ったなどという自覚がありません。
ただ、融けないまま宇宙空間にずっと浮いているような状態で出てきます。
その時は、意識として自分は人間だとかそういうものはありません。

実際には死ぬ瞬間あるひとつのこと、たとえば恨みを持っていたとします。
そうすると、その一点だけが残ります。
過去も未来も自分の思い出も,そういうものは全くありません。
ある一点だけが融けないで残っていきます。
それが幽霊です。

こうして人が亡くなると霊魂がどんどん融けていくわけですが、ある一点だけ融けない状態の時に「成仏」しにくいのです。
普通の人は完全に溶け終わるまでに50年かかるといわれています。
それが50年の年回供養です。
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/94-e3c0e3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)