FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
占いの雑学・お盆の行事について
 日本に何故お盆という行事が出来たかというと、もともと仏教からきています。
お盆の行事というのは、世界の宗教の中で三つだけあります。
一つは仏教、一つはチベットの梵教、もう一つは中国の道教という宗教です。
この三つの宗教だけがお盆の行事を行います。

私たちが行っている仏教のお盆は地味なほうで、中国の道教のお盆はとても盛大に行われています。
それは生きている人たちがドンちゃん騒ぎをして、飲んで食べて、死んだ人のことはコロリと忘れているのではないかと思うほど賑やかです。
日本人はしめやかに亡くなった人を供養するということに基本が置かれています。
民族性の違いかもしれません。

お正月とお盆は、表鬼門、裏鬼門と密接な関係があります。
古代の人たちは、これを非常に上手に考えていたように思われます。
そして、長い年月をかけて伝統になり、仕来りになっていったのです。

人間の仕来りとか、家の約束事というのは自然に出来上がったものであれば、長く受け継がれていくものです。
最近では、何々の日は何日にしようとか、目の日だとか、歯の日だとか、いろんな日を定めているようです。
こういうものも自然の摂理にあった日であれば、ずっと長く続いていくと思います。
ところが自然に反した時に何々の記念日を設けたり、祝日を設けたりすると、いつの間にか消えていってしまうのです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/9-85ac846c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)