FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
算命学・占いの雑学・孤独が掴む幸運と不運(1)・女性の場合
女性の場合

生年月日に関係なく、女性は「孤独に強い人」がいい運勢をつかみます。
逆に男性は「孤独に弱い人」が運勢をつかみます。

女性の場合、家庭は夫婦という単位、子供という単位、というように縦社会で成り立っています。
そのために女性が寂しさを感じると友達を作ろうとします。
一家の主婦が友達を作れば作るほど縦社会の構造が崩れてしまいます。
つまり家族構成、仕事運、家庭運など家族単位で動いているものが崩れやすくなります。

女性が「孤独に強い」ということは自分の世界をキチンと持っているからです。
たとえご主人の帰宅が遅くても、友達がいなくても自分なりの生活パターンがあるために平気だ、という人がいい運勢をつかんでいく奇妙な現象が出てきます。

この傾向は子育てでも言えることで、男性は孤独に弱く、女性は孤独に強いという精神で子育てをしていくと、運の強い子供を作ることになります。
このいい例が昔の武士社会で見ることができます。
女の子は、「茶道」「華道」「琴を習わせ」「人形で遊ばせ」というように一人で遊べる女性を作ることが、女の子の幸せにつながっていくと考えたのです。
孤独に強くなるというのが女性に対する教育方針だったのです。

最近は女子中学、高校生の非行が問題になっていますが、特徴的なのがグループを作りながら非行化していくことです。
一人だけで悪さをしていくのは稀です。
責められるのがイヤだから、仲間外れにされるのがイヤだから、仲間に入っていきます。
孤独に弱いために集団にまとまろうとするのです。

しかし、女性は集団ではなく単独、自分の世界を作れる人がいい悪いは別にして運勢的に強いものを作り出します。

結論的に申し上げると、女性は一人で遊べるか、遊べないか、友達がいようがいまいが,自分のペースを守れる女性であればやがていい運勢をつかめると思います。
逆に回りの人たちにあまり神経を使い過ぎている女性は、やがて運勢が下り坂に向かうとも考えられるのです。 …続く・・・
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/85-aba5f995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)