FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
占いの雑学・夫婦の間に起こる仮想不安・・(完)
夫婦の年齢差について。

1.六歳違いの夫婦・・・正冲夫婦。
 
 たとえば夫が子年、妻が午年、夫が卯年で妻が酉年というように、十二支で180度の関係にあるのが正冲夫婦です。
この夫婦は、お互いに仮想不安に陥りやすく、相性はあまり良くないといわれています。
感覚的、感性的なズレが起こりやすい組み合わせです。
気を付けなくてはいけないことは、お互いに相手を思いやる気持が人一倍必要ですが、子供が出来ると救われます。
かえって平穏にいくという特色もあります。
ですから子供が出来るか出来ないかによって夫婦仲が変わります。
子供が出来ないとどちらかの落ち込みがひどく、離婚にまでいってしまう可能性も十分考えられます。

2.五歳違いの夫婦・・・窮変夫婦。

 夫が子年とすれば、妻が巳年または未年です。
つまり150度の位置にあたる組み合わせです。
窮変というのはどちらかに極端に片寄るということで、何か意見がある時、双方のバランスが取りにくく、妻なら妻の意見、夫なら夫の意見に片寄る傾向があります。
それこそ力関係で強い方に片寄る、そういう夫婦の状態が出来上がります。
それでうまくいくこともあるでしょうし、喧嘩ばかりということもあるでしょうが・・・

3.四歳違いの夫婦・・・適正夫婦。

 子年の夫から見て、正三角形の位置にある辰年と申年の妻がこれです。
適正というように夫婦の相性は良く、感覚的にも相通ずるものが多いのですが、それは夫婦だけに限ってのことです。
つまり、子供が出来たあと、子供を含めた家族構成において相性が良いかどうかは何ともいえません。
夫婦仲が良すぎて子供はそっちのけ、親夫婦優先の家庭が出来上がりやすいということで、特に子供の数が奇数だと家庭関係のバランスが崩れる危険性が大です。この夫婦には子供の数は偶数で欲しいのです。

4.三歳違いの夫婦・・・髄政夫婦。

 子年の夫から見て90度、卯年と酉年の妻がこれで、少々やっかいな組み合わせです。
というのは子供の数が一人とか二人とかの少人数だと一家のまとまりを欠く、とされているからです。
三人でも四人でも五人でも、子供の数が多くなるほど家庭がまとまっていく、そういう組み合わせです。
子供が一人か二人という家庭が増えている現在、三歳違いの夫婦には困った問題です。
しかし、この三歳違いというのは多産、つまり子供が出来やすいという面があります(八歳違いの夫婦も多産です)
子供が出来やすいのに一人か二人で抑えるということが、そうしたやっかいな原因かも知れません。

5.二歳違いの夫婦・・・参正夫婦。

 男の子が生まれると、そのたびに夫婦の間がだんだん離れていくという現象が起こりやすいとされています。
離婚というような決定的な決裂に至るという意味ではなく、夫婦仲が淡泊になっていくというか、無関心になっていくというか、そういうことになりやすいのです。
女の子でしたら何の影響も出ませんから、参正夫婦にとっては男の子が出来た場合、夫婦の絆を深めることに心を配って欲しいということになります。
女の子が続く場合は、家庭内に波風は起こらないので喜ばしいということです。
女の子ばかりが続くと親にとってはいささか淋しい、不運だと思われるかも知れませんが、こと二歳違いの夫婦に限ってはそう落胆すべきではない、むしろプラスに考えて良いでしょう。

6.一歳違いの夫婦・・・正颯(せいそう)夫婦。

 日頃は相性が悪く、傍目にも夫婦仲が良いとは見えない夫婦です。
夫が白といえば、妻は黒というぐらい、普段はゴタゴタもめやすい組み合わせです。
ところが家庭内に大きな問題、たとえば遺産相続のような問題が起こると夫婦の意見はいっぺんに一致する、そういう特色があります。
そして、その問題が解決するとまた文句を言い合ったりして暮らしていくという夫婦です。
家庭が平和であるといがみ合い、問題が生じると仲が良い、いわば波乱型の夫婦が多いわけです。

 ざっと述べてきましたが、結局どれがいい悪いとはいえないものがあって、それぞれが家庭なり家族なりのカラーや土壌になるのです。

夫婦仲とか夫婦の力関係といったものが、いかに子供の運勢や伸び方に影響するか、また子供の数や男の子、女の子の比率や生まれてきた順序が運命(偶然)であるだけに、何らかの意味合いを持つものだということを分かっていただくために書いてきました。

このことは、ひるがえって考えてみれば、子供にとって責任の持ちようがない部分であり、子供を産んだ親が責任を負うしかない、そのようなことがいえると思います。

子供は子供なりに成長と共に、自分に責任を持っていかなくてはなりません。
何でも親のせいにするのは間違っています。
子供自らが自立していく、知恵や意志を持たなくては、いつまでたっても強く伸びていくことは出来ません。
それはその通りですが、子供の知恵や意志ではどうにもならない運勢というものがあるのも否定できないのです。
夫婦のこと、家族のこと、そのことに親は責任があります。
                                    
  …完・・・
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/81-acf50785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)