FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
占いの雑学・夫婦三つのパターン
占いの雑学・夫婦三つのパターン(1)

Aの型・・・仲間夫婦の型です。

結婚してご主人が頑張っています。
世の中でこうしたいという一つの目的があります。
奥さんも世の中を広く見ていて、その目的を見ています。
同じ目的を二人で見ていれば、この二人は対等ということです。
この型を仲間感覚の夫婦になります。

Bの型・・・補佐役夫婦の型です。

家長が世の中を見ています。
目的に向かって進んでいます。
奥さんは世の中を見ていません。
奥さんはどちらかといえば孤独で、友達が少なく、自分の範囲しかいませんから、奥さんが見ているのは家長だけです。
ご亭主だけ見ているのです。ご亭主は何に向かっているのか、よく分からないが自分はご亭主だけ見ているわけです。
つまりご主人を補佐していく型です。

Cの型・・・友達、友人型の夫婦です。

家長が世の中の目的に向かっていますが、奥さんの方も別の目的に向かっています。
二人が別々の目的を持っていることになります。
ご亭主は会社の中で出世しようと思ったとします。
奥さんは奥さんで小説家か何かになりたいという目的を持ったとします。
そうすると二人の目的がそれぞれ違うわけです。
つまりこういう型を友達、友人型といいます。

友達というのは、相手の生活があり、自分の生活があります。
相手の世界があり、自分の世界があるわけです。
つまり二人が別々の生き方をしていることになります。
ですから奥さんが「私は小説家になりたい」、「あなたは会社で出世してください」というならば、これは友人夫婦です。
友人夫婦だったら、男は女房に責任を持つことはないとも言えます。
友達なのですから、勝手にやってくれという感じなのです。


スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/74-8b204c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)