FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
夫婦、家族の約束事
男性・・・陽・・・+・・・独身時代・・・よく動きます。
女性・・・陰・・・-・・・独身時代・・・よく動きます。

自分の独身時代を思い出してみてください。
スポーツやカラオケ、海外旅行、合コンと実によく遊びまわり、ジッとしていなかったはずです。
そういう動きの中から男性は女性を、女性は男性を本能的に求め結婚していきます。
そして、家族、家庭というものを作り出していきます。

「陰」とは・・・「落ち着きがある」「静か」です。
「陽」とは・・・「明るい」「華やか」「動く」です。
というように「陰」と「陽」を解釈してください。

女性(陰)(-)と男性(陽)(+)が結婚すれば、(-)×(+)=(-)

つまり、(-)「落ち着きがある」「静か」です。
陰と陽の合体、夫婦という最小単位、家族の始まりです。
陰と陽の組み合わせによってバランスが保たれます。
そこに「落ち着きがある」「静か」な状態が作られます。

独身時代にどんなに遊び、華やかに動き回っていた男女がいたとしても、結婚すれば独身時代と同じように夫婦で遊び回るということは少なくなるはずです。
独身時代には一緒に遊ぶこともあったでしょうし、バラバラに遊んだこともあったと思います。
夫婦になれば一つにまとまったように「落ち着き」が出てくるものです。
つまり子供が出来ず夫婦だけの生活であれば、「落ち着いた夫婦関係」を築いていきます。
そして「落ち着きのある夫婦」に「子供」が出来るとどうなるでしょう?

初めての子供と家庭の雰囲気。

女性(陰)(-)と男性(陽)(+)が結婚しますと、-×+=(-)でした。
つまり(-)は、落ち着きのある夫婦でした。

落ち着きのある夫婦(-)(静)からは、(+)(動)の子供が生まれます。
(動)の子供ですから・・・よく動く子供です。

陰と陽の理論は順番に繰り返していきます。
-、+、-、+というように繰り返していきます。

夫婦に最初の子供が授かると、男の子、女の子に関係なく(+)(動)の子供が生まれます。
よく動く子供ということです。

つまり「落ち着きのあった夫婦」に子供が授かると、そのバランスが崩れ、よく動く賑やかな家族になります。
これが第一子の子供が出来た時の家族の状態です。

もう一人子供が出来たらどうなるでしょう。
父母(-)(静)・・・第一子(+)(動)・・・第二子(-)(静)です。
つまり、この家族はまた「落ち着いた家庭」になっていきます。

このことから家族構成によって家庭のムードが分かるのです。
奇数の子供の家庭・・・活発で賑やかな明るいムードがある。
偶数の子供の家庭・・・落ち着きがあって静かなムードがある。
一つの形として覚えてください。
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/66-02dbd3a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)