FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
占いの雑学・家の作り方(玄関)・・(2)
「北玄関」の家

北玄関というのは原理からいえば、自然の法則に反している玄関です。
「無量家」といって、王家の反対で訪ねてくる人たちは全員自分より目上の人たちばかり来ます。
訪ねてきた人の中で常に自分が一番下ということになります。
その代わり人の気を沢山受けますから、目上の人から何となく引き立てを受けたり、目上の人から何かを学んだり、貰い物があったりと大変いいところがあります。
この無量家は芸術家にいいとされています。
絵描き、文学者とか、あまり経済的な利益に関係の少ない世界の人が住むには、非常に良い玄関と言われています。

「中央玄関」の家

日本では珍しいですが玄関が東西南北ではなく家の中心にある家です。
ヨーロッパではよくあるようです。
中庭があって、その回りにぐるりと家があり、中心に玄関があります。
こういう家は一代限りの家として、自分が住まないで人に貸していると非常にいいとされています。

前回の玄関の位置を含め、どちらが良い、どちらが悪いということではありません。
短絡的にこれが良い、悪いと決め付けないでください。
たとえば西玄関の場合、女性が強くなりますが、女性が中心になって働くような旅館業、料亭であれば、女将さんが強くないとやっていけませんから西玄関はとてもいいわけです。
奥さんが家族を背負ってやっているような人は、自然に西玄関に住むようになるでしょうし、そういう家を好きになっていくでしょう。

それぞれ個性があるのです。
こういう家はこのように利用し、こういう人が住めばいいと使い分ければ、どの家も使い道が出てきます。

「まとめ」

東西にある玄関の家(家の形を含む)・・・東西・・・現実
商売をする人、政治家、事業家など儲けたり損したりという現実的な世界に住んでいる人にはありがたい家です。
働く人には東西の玄関、東西に長い家がいいでしょう。

南北にある玄関の家(家の形を含む)・・・南北・・・精神

芸術家、宗教家、学者など精神世界で活躍する人にはとてもいい家です。
隠居しようとする人には南北の玄関、南北に長い家がいいでしょう。完
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/36-3741444f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)