フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・最悪の相性・天剋地冲(てんこくちちゅう)
天剋(てんこく)地冲(ちちゅう)の関係

最近の傾向として特に目立っている関係ですが、これ以上最悪の相性はありません。
ここではご説明できないほど複雑な面がありますので省略いたしますが、ご相談頂ければと思います。
過去では何百組の相性を鑑定してきましたが、一組たりともいい結果に終わったことがないほど厳しいものです。

皆様には馴染みの薄い言葉とは思いますが、これほど禍を引き起こすことがありませんので少し専門的になることもありますがご説明しておきます。

「天から剋(こく)され、地から冲(ちゅう)殺(さつ)される」、実に不気味に響きのある言葉です。
その通りですが具体的にご説明致します。

「天」とは・・・「空間現象」「目に見えない現象」「社会現象」など精神的な世界の全てです。
ですから「天剋」とは精神的に剋し合う関係を作り出します。

「地」とは・・・「時間現象」「目に見える現象」「現実生活」など現実的な世界の全てです。
ですから「地冲」とは現実の生活の中で破壊し合う関係になります。

この状況を私達の生活に当てはめれば最悪の禍としかいいようがないのです。
この組み合わせは、どんなに努力してみても大きく傷つけ合いながら結果は破壊、崩壊しかありません。
精神的にも現実的にも取り返しのつかない状況に追い込まれていきます。

 変えることのできない天剋地冲の関係例

1・知人や友人での現象

天剋地冲の関係には摩訶不思議なところがあり、最悪の組み合わせでありながら、一時的にお互いに惹き・惹かれ合う、といったようなところがあります。
悪い因縁が「気が合う」「思いやりがある」「素敵!」と感じてしまいますが、実際には錯覚です。

浅い関係の状態であればまだ禍は少ないのですが、お互いに共通の目的を持ち、利害関係が生じたり、共同事業を始めたり、親密な関係に発展してしまうと剋し合い、破壊し合う関係になっていきます。

2・恋人での現象

お互いに強く惹かれあうという基本的な点では友人・知人と同じですが、「恋人」という時点でかなり親密な関係である、ということから生じる禍は友人・知人の場合の比較になりません。
相手が天剋地冲の関係の場合は、縁を切る、別れるなどして関係を進めず、踏みとどまる事が賢明です。

不倫などの場合は、仲が良くなるにつれ、その災いは本人たちの前にまず周りの人間、特に家族を巻き込みます。
結果は当然「破壊、崩壊」を暗示します

3・夫婦での現象

夫婦で「天剋地冲」の組み合わせがありますと、最初のうちは錯覚してますから「何となく変だな」と思うくらいですが、年月とともにその違和感は大きくなっていきます。
片方が他方に尽しぬいても当たり前のことと思われ感謝すらされない、相手が他方を一方的に剋す、共通の価値観もなければ精神的な思いやりもない等、間違いなく結婚生活は崩壊し、離婚の道を歩んでいきます。

結果として離婚ができればまだ良いほうで、離婚に至らない場合、長い年月を裁判で争ったり、一緒に生活していたとしても地獄の毎日を過ごさなくてはなりません。

稀に天剋地冲の関係でありながら、夫婦として成り立っている人もいますが、想像以上の努力と愛情の深さを持ち続けなくては成り立っていきません。
それでも日常の結婚生活に充実感や喜びは少ないでしょう。
夫婦の関係になってからではすでに手遅れと申し上げるしかありません。

(4)運気で巡ってくる天剋地冲の例

1・行動面での現象
時期は人によって異なりますが、何年かの周期で誰にでも巡ってくる要注意の期間です。
これも「厳重注意」としか言いようがありません。
「内側」「中心」「外側」の位置に廻ってきた場合で意味合いが異なりますが、現象は総じて「破壊、崩壊」を暗示します。
したがって、今までの事柄を守り、新しい展開を起こさないというのが最良の基本的なポイントです。

ところが、不思議なことに、こういう時期となると、本人の周りに目新しく良さそうな事柄が起きやすく、また自身も異常なまでにチャレンジ精神・意欲旺盛な精神状態になりやすいです。
こうした気分的な変化は、ある意味では天中殺(てんちゅうさつ)の禍より強く出ることがあります。

しかし、天剋地冲の関係上、そうした大量のエネルギーを注いだとしても、結果は割に合わない、恵まれないものになると言わざるを得ません。
この時期には、いかに自分自身のエネルギーの充電に努められるかが重要なポイントになるでしょう。

重要なことなので事柄によってきめ細かいアドバイスが必要と考えています。

                                                尾﨑光越
スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2018/01/30 13:17】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/247-81e407c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。