フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・食事と体質そして環境(1)
算命学・占いの雑学・食事と体質そして環境(1)

 私は肉が好きだ、野菜が好きだという人、また冷たいものは駄目とかいろいろと好みがあり、自分の好みを言っているように思います。
実は自分ではなく、自分の身体が好んでいるということがあります。
人間の体質が変わったら、健康状態が変わるし、好みも変わっていきます。

小さい時から考え合わせてご覧になると、意外と自分の好みが途中途中で変わるということがあります。
これも一つの判定方法ですが、人間の体質もだいたい四つに分けることが出来ます。

人間の体質で、非常に体が熱い人がいます。
だいたい夏に生まれた人は体が熱っぽい体質を持ちます。

そして体が冷えやすい人には冬に生まれた人が多いし、手でも汗をかき唾液が多い人は春生まれであり、乾燥している人は秋に生まれた人が多いのです。

なぜこうなるのかというと、人間も動物の一つです。
自然の中に暮らしている自然界の一員であるわけです。
そのために自然の摂理に好むと好まざるに関わらず左右されています。

自分が生まれた時というのは出発点です。
出発点というのは、たとえ秋に生まれる人は、全部とはいいませんが概略を言うと、秋生まれの体質は乾燥しやすいのです。

乾燥しやすいということは水分が少なくなる。
そうするとだいたい痩せる。
体質でいうとほっそり人が多いということになります。

顔が丸くてほっそりしたというのはまずあり得ませんから、必ず体と合っているのです。
人相を書くと細長い、それが秋生まれの特色です。
春に生まれた人は「鰓(エラ)」が張ります。
このような体質で自分は乾燥しているとかいろいろとありますが、この季節に生まれたからこうなるのだというのではなく、人生の中でも乾燥する時期があるのです。

たとえば子供のときは冷え症であったが、後年、汗かきになったり、血圧が高くなったり、体が熱くなったりというように、人間には子供のときから亡くなるまでの工程の中で、自分の体質は揺れていきます。

だから、今自分の体質はどういう体質になるのかなとか、それは運命も変わるのです。
だいたいにおいて、体が乾燥すると心が険しくなる。
つまり、争いであっちこっちにぶつかり突っかかっていくようになります。

体に湿り気がある時は非常に人と仲良くできる。
和の状態が出てきます。

体が冷えている時は、心もクールです。
体も冷たく、心も冷たいから冷やかに人を見ているということになります。

体が熱いという時は情の世界です。人情が熱くなる。
このように自分の体質が、この頃やたら人とぶつかるとか、親とぶつかり、兄弟ともぶつかる。
職場に行けば同僚ともぶつかる。
そしてトラブルに巻き込まれる。
そういうことで自分の体質を考えて見るといいのです。

スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/228-735977d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。