FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・心と運命(3)
だからいい星の下に生まれたとか、悪い星の下に生まれたとか、星という字は「生まれた日」と書くのです。
生まれた日、そのものが星であり運命です。

遺伝というのは親だけではありません。
親の親、そのまた親と、10代ぐらいさかのぼると、やたら親が出てきます。
つまり一人の人間の生命の価値というのは、とてつもない人達の影響を受けていることになります。

能力がある、ないに関係なく逆三角形の頂点である自分が生まれるまでに、何千人という人の凝縮があるわけです。
運命というのは個人一人だけを見ていますが、いろいろな人の情念、運命、恨み、つらみが影響していると考えるべきでしょう。
生まれてきたことを悔やんでいる人もいるでしょうが、そんなことはしないで、先祖のためにというか、自分という人間を如何に上手に活かしていくかを考えなければいけないと思います。

それは大成功というのではなく、順当に生きていくということにおいてです。
大成功と聞けば良さそうに見えますが、運命学的にいえば異常、実に業が深いともいえるのです。
運命学では人間としてあるがままに生きることを一番いい生き方としています。

生まれてしまうことは、神様がそのように仕組んでいるわけですから、今度は人間がそれをどう活かしていくか、神から貰った命を人間の世界で、知的で理性のあるリードが必要になってくるのです。
変えようもない生命体の範囲の中で、少しでも良くしていかなければならないのです。

生まれてくる段階で、心の形成のされ方は、環境の影響が非常に大きいでしょう。
まず自分の本質、これは変わりようがありません。
そして、自然環境、自分の住んでいるところです。
もうひとつは人的環境です。
自分を理解してくれる人に巡り合えたか、それとも全く無理解の親か、兄弟に巡り合ったかということです。

人間の本質は、生涯絶対に変わりませんが、環境によって、心の形成は良くも悪くも変化していきます。
宿命対環境の中における「心の推移」こそが運命行程の最大ポイントです。・・・完・・・
スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/188-6cab432a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。