フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・守護神とは・・・(2)
「守護神」というのは、バランスの神様ですから、自分が負担を背負えば背負うほど、ヤジロベエと同じで、反対側も大きくなります。
不運を背負っているとすれば、沢山の幸運もあるわけです。
ですから沢山幸運を背負っている人には、反面で沢山の不運もあるといえます。

逆に自分が幸運をつかみたいと思う時に、自分が損したり、沢山の負担を背負うと、それに見合うだけの幸運が広がってくるのです。
実はそういった生き方を、「格上げ」とか「運格を上げる」という言い方をしています。

「格上げ」「運格を上げる」という生き方をしていくと、大変なこともありますが「運の枠」が広がっていきます。
そして、「自分が生きてきた」ということに対する大きな価値が生まれてきます。

守護神は一家のバランスを保っていますから、ある時は父親に味方し、ある時は母親に味方し、ある時は子供に味方します。
誰かに味方している時は、他の人には味方しません。
一家全体から見れば同じことですが、運が常に動いているのです。

たとえば一人の青年が、親許から離れて下宿なり寮生活をしたとします。
守護神は一家全体のバランスを取る神様ですから、自分が一人で暮らせば必ず自分ひとりに一つの守護神がつきます。
面白いことに一人で暮らすと、ある一方に片寄ります。
たとえば芸術的なものを一生懸命努力して身につけたとすると、「品性」に片寄ります。
そうするとそういう人ほど、今度は野人的な面が出てきます。
品性・・・・・青年・・・・・野人

その逆に一人暮らしの時に、品の悪い方へ悪い方へ行くと、反動的に今度は、品のいい方へ神様がバランスを作ってくれます。
ですから青年が大学へ行って一人暮らしをし、勉強なら勉強だけを一生懸命していると、ある時にくたびれて反動的に漫画本を読みたいとか、馬鹿馬鹿しい映画やテレビ番組を見たいとか反対の神経が働きます。
そこで学問という非常に高い次元を目指すものと、低い次元の遊びとが同居することになるのです。

そのために独り者の時に徹底した片寄り方をすると、反動的に守護神がバランスを取ろうと、反対の面が出てきますから、それによって自分の「運格」を上げることが可能になってきます。

普通の子供を親許から離す必要はありませんが、非常に特殊な能力があるとか、非常に激しい気質があるとか、扱いにくい子供であるとか、特殊な子供ほど世の中で、一人で過ごさせてみるのです。
そうすると必ず反動で中庸を保つようになります。

これは一般的な人だけではなく、高名な学者や先生、高僧といわれる人でもそうです。
非常に素晴らしいところがある反面、馬鹿みたいな遊びをしたり、大変品の悪いところもあるわけです。
その反動の幅が広い人ほど、奇人であり天才であり、特殊な能力を持つわけです。
その幅が小さい人ほど、平凡な人ということになります。
凡人というのは、遊びも少し、真面目さも少しなのです。
この善と悪のバランスを取っているのが守護神で、このバランスを下から支えているのが「指導霊」です。

・・・完・・・

スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/157-c7a5410f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。