FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・守護神とは・・・(1)
よく守護神という言葉を使いますが、一体、守護神とはどういうもので、どういう姿をしていて、どういう役割りをしていくのかを考えてみましょう。
守護神を一言でいえば、「バランスの神(自然の法則)」です。
実はこの守護神というのは、個人の人を守る神様ではなく、人間としてのバランスを保ってくれるエネルギーだと考えてください。

守護神というのは三段階に分かれています。
1、守護神。 2、守護霊。 3、指導霊。

守護神は・・・・・バランスの神ですから天上界「天の気」です。
守護霊は・・・・・「人の気」です。
指導霊は・・・・・地上界で「地の気」です。

守護霊、神様の人助けというのは、仏教的な言い方をしますと俗にいう「化身の姿」で現れてきます。
たとえば何かの事故で怪我をしている人がいるとしましょう。
ところが見も知らぬ人が警察に通報し、119番に連絡して病院に担ぎ込んでくれたとします。
その時に、怪我をした人から見れば助けてくれる救急車や連絡してくれた人は、ある種神様の救いに似ています。
この様に人間が助かる時には、神の力がいろいろに形を変えて、化身の姿で我々の側に寄ってきてくれるわけです。
この様な神様の姿を「守護霊」といいます。

守護神とは、誰々を守っているのではなく、一家全体を守っています。
家族以外の他人も一緒に住んでいれば、まとめて守ってくれています。
だからバランスの神様です。

そして、一家の中心になる人がいますが、その人を守っているのが「守護霊」です。
神様の構造として、まず全体を把握する神様がいて、その次に中心になる人物を守る神がいて、その次に「指導霊」がいます。
指導霊というのは、守護神と守護霊をつないで上手に調節してくれる神様です。
このように一家の中心になる人を守り、その人を通して一家全員を間接的に守っています。

「守護神」・・・・・一家全体を守る・・・・・祖父、祖母、父、母、子供。
「守護霊」・・・・・家族の中心になる人物を守る・・・・・父。
「指導霊」・・・・・上の二つを調節する。

そのために運命的に見ると、一家の中心である父親が、天中殺などで事故を起こしそうになったり、仕事上で大失敗をしそうな運勢にいたとしても、「指導霊」が 調節しますので父親の代りに子供が事故を起こしたりする「身代わり現象」というものがあります。

禍を避ける方法は、なるべく沢山の人の面倒を見ておくことです。
可哀相な人や困った人に対して助けてあげる、そして自分の傘下に入れておくと自分の運の悪い時に、その人達が助けてくれて自分のところにはあまり禍がこないということがあります。

このことは家庭の中だけではなく、会社などの組織でも同じように考えられます。
全体の中で中心にいるのが社長です。
その上にいるのが会長さんや相談役です。
社長と共に経営陣がいて、その下にいるのが社員と考えてください。

その社長が面倒見のいい人で、いろいろな形で社員を可愛がったり、奉仕をしたりしているとします。
ある時、社長に何かの禍がふりかかったとしても、日頃いろいろな人の面倒を見ていると、社員の中の人間が背負ってくれますから、本人には禍がやってこないということがあります。

ですから子供や社員を沢山抱えているというのは大変いいことです。
子供といっても、自分の子供でなくてもいいのですから子供の友達でも、他人の子供でも、要は自分の範疇の人を増やしておけばいいのです。

・・・続く・・・
スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/156-2a5292d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。