FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・人間の役割と無(2)
人間には時代と役割というものがあり、それが一致すると「美」になります。
「美」というのは、それぞれの立場で違います。
十代なら十代の美、五十代ならそれなりの美があります。
五十代の人が若々しくしていたとしても、それは本当の美ではないでしょう。

たとえば大変働き者の主婦がいたとします。
この人は回りから見れば、若い時は褒められるでしょうが、この人がどんどん年を取っていっても、まだ働き者であるということは、あまり美にならないのです。
置かれている立場でどういう美を作っていくかを考えないと、そこに不運が生まれることもあるのです。

人間の運勢というのは、20年単位で大きなうねりがあるものです。
そしてその中で、いつも自分を空っぽにすることです。
空というのは、燃焼し尽くしてしまうことです。

20年の単位で、始めの10年間を一生懸命燃焼させて、後半の10年に物事を引きつけるのです。
これは若い方々への忠告になるかも知れませんが、学校を卒業する頃になると、適職を尋ねてきたりしますが、20代に適職につくというのは、波はあるものの苦労は少ないものです。
そのために自分の持っているエネルギーが綺麗に燃焼しないのです。
だから若いうちは自分の質に合わないことをやってほしいのです。

そうすると無駄なエネルギーをどんどん吐き出すことになり、改めて自分の本当の道が開けていくようになります。

最初からなるべく、小さな力で人生をうまく渡っていこうとすると、最初の頃はいいのですが、年を取ってからだんだん不満な面が出てくることになります。

20代では泥んこ、30代でその見返りが入ってくるのです。
これと同じことをいっている人の中に「道元上人」という人がいます。
彼が説いた教えの中に「道得」というものがあります。

これは、人間は何をやるにしても道を得なさいということです。
自己を何かにぶつけ、真の道を探せということです。
これは「老子」の中の「道」にも出ていることです。

仏教の修行方法には、滝にうたれたり、寒業をしたり過酷なものが多いのですが、これは自分の中身を空っぽにする方法です。
これが東洋思想の根源である「無」の思想です。
この「無」というのは、実は運をつかむ上でとても大切なものです。
この世が有形無限である限り、どこかが「無」になれば、そこに引力が生じ、物事を引き寄せる力となるのです。

・・・完・・・
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/147-2ec1a073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。