フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・受験戦争と進路(3)
本質にあった環境を選ぶ

 このように学校への入学の第一歩がありますが、本質にあった環境に入っていくことから子供の本質が完全燃焼していくでしょう。
そのために親は子供の才能が何であろうかということを含め、人生の進路を見極めてあげなくてはならないでしょう。

 出来ることなら無駄な苦労や迷いの道に入らないように方向を定め、まっしぐらに進んでもらいたいと思うのは当たり前でしょう。
 そのポイントを私はこのように考えます。

1.小学校、中学校の低学年では、さほど神経を使う必要はないと思いますが、高校や大学受験の前には自分が本当に好きなものは何なのか?ということをキチンと決めることです。

 受験する学校が好きなのか?勉強をしたいのか?医学なのか?文学なのか?ハッキリと自分の方針を決めることです。

2.第一志望はこの大学、第二志望はこの大学では、結局はどこの大学でも良いことです。
大学さえ出ればという鑑札のためでしかなく、信念のない目的です。
目的を定めたら何年でも挑戦するぐらいの迫力がなければ、真の成功者にはほど遠いと思います。

3.あの教授に文学を習いたいと思うなら、目的は教授にあるのですから、その教授のいる学校を選べばいいことで、目的が何であるかをハッキリさせればいいのです。

4.自分の心に約束事を作ることです。
それは何でも良いでしょう、毎日八時間は勉強すると自分自身の心と約束したら、何があっても守ることです。
合格するまでは酒もタバコもやめるでも良いのです。
そう言うことを何年も続けている内に自分の心に不思議な力が付き、運を切り拓く原動力になっていきます。

 ごく当たり前のことを申し上げて恐縮ですが、今の平均的優等生の時代から、これだけは誰にも負けない「個性」の時代になることを期待する者です。

・・・完・・・
スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/141-a9e3d2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。