FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
算命学・占いの雑学・暦術(2)
陰陽暦は木星の周期によって出来上がった十二次を、天の五惑星が廻ります。
そのために12×5=60の理が成り立ちます。
そこで成立した「六十花甲子」を年毎にあてはめ、60年一周期の理法を作り出したのです。

一年を六十進法によって進めるので、毎月の種類も60種でなければなりません。
また毎日も、60日一周期でなければ天の理法とならないのです。
勿論、一時間60分、一分60秒の理にもなるわけです。

算命学思想という名称は、耳慣れない言葉だと思いますが、簡単にご説明すると「自然即人間」であり、「人間即自然」であるという考え方です。

自然界の中で生存するためには、自然を常に自分たちの見方にしておかなければなりません。
人間の努力は努力として、それを倍加させ得るものも自然のエネルギーであり、半減させるのも自然です。
自然界の法則に人間が従い、また自然の力を利用している時は、最大の神であり援助者です。

しかし、人間が自然を破壊したり、自然の力を追い越そうとする時は、途端に敵となり悪魔となってしまうでしょう。
古代の東洋人は、この自然力を知っていたからこそ、自然が持つ力の法則を追求して暦術に生かそうとしたのです。

暦術発生以前、占術発生以前に自然界から学んだ自然の法則が算命学です。
古代中国では暦術を初め、占術政治体系(律令)、兵法にまでこの運命学が生きています。

この思想が西洋の横割り社会・・・老若男女すべて神の下に平等という考え方に対し、儒教や仏教などにみられる東洋の縦割り社会・・・人間の分を知る、男は男の分、女は女の分、つまり授けられた範囲を守るという考え方が生まれたことは歴史が示すとおりです。

しかし、この考え方によって科学より思想が優先し、暦においても時間の分類のみにとどまらず、空間の分類まで加味して暦術にも思想が入り込む結果となったのです。

同じ暦でも西洋の太陽暦などは、空間を抜きにして時間分類のみの暦が出来上がっています。
西洋は西洋なりの良さ、東洋は東洋なりの良さがあるでしょう。
西洋は自然の力を追い越すために、自然を活用して科学を発達させました。
東洋では自然界に従うために、自然を分類し思想を発展させたといっても過言ではないでしょう。
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/130-4ce15999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)