FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
占いの雑学・運命には必ず「原因」と「結果」がある(2)
算命学・占いの雑学・運命には必ず「原因」と「結果」がある(2) 

またこれは稀ですが、自分は次男に生まれ長女と一緒になったため、知らないうちに長男的な役割りをすることになることがあります。

しかし、ここで厄介なことがあって自分は次男に生まれてきたのに、あるところで長男が亡くなった場合、本来は偶数児なのに奇数児に変化します。
これは結婚前であれば、偶数から奇数に変ったのですから相手も奇数児を選べばいいのですが、結婚後に長男が亡くなったりすると、すでに自分は偶数児として結婚していた縁が反対になってしまい結婚の形が狂ってきてしまい、親とは衝突をするし、お嫁さんも苦労しやすくなるという現象が出てきます。

大体、結婚において奇数児同士、偶数児同士が一緒になるほうが「正婚」といって正しい形の結婚になります。
そして奇数児と偶数児が一緒になると「偏婚」といいます。
つまり婚姻関係というのは、この「正婚」と「偏婚」の二つの形で出来上がることになります。

そして両方を比べますと、「偏婚」の方が離婚率が高くなって出てきます。
「正婚」の方が離婚率が小さく、子供も長男が跡を継ぎ、女の子は嫁にいくという形になりやすいのです。
「偏婚」の家の女の子が嫁にも行かず、男の子も何となくパッとしないというような差になって出てくるのです。

人間は誰とでも結婚出来るように思えますが、こういった目に見えない法則があるわけです。
そしてこの婚姻、つまり「正婚」「偏婚」を基準にして、それぞれの家庭に生まれてくるであろう子供の運を見当付けることが出来ます。

但し、この正婚と偏婚の法則は再婚の場合は例外となりますのでご注意ください。
もともと人間の運命は最初からいい、悪いが決まっているのではなく、持って生まれた本質と環境の問題だと申し上げました。
そして環境には「人的環境」、親とか子供、配偶者など自分を取り巻いている人達です。

芸術家などによく言われますが、最初の奥さんと結婚したら、絵を書いても売れなかったのに、2度目の奥さんを貰ったら途端に運勢が上がってくるという人もいます。
これは「人的環境」のなせるわざです。
自分のせいもあるでしょうが、環境の変化で運命も変ってくるのです。

それから住む場所も環境の一つです。
都会に住んでいるか、田舎に住んでいるかも、大きな違いになってきます。
そういう中で、今ご説明いたしました「正婚」「偏婚」というのも一つの人的環境ですが、「正婚」の家庭で生まれた子供の方は穏やかな運勢を作っていき、バランス人生になりやすいのです。
しかし、「偏婚」の中で生まれる子供は極端に成功するか、極端に失敗かという安定性に欠けやすい人生を歩みやすいのです。

…完・・・
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/127-a04dae97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)