FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
占いの雑学・運命の共通点(2)
男女の出会いと結びつき

長男に生まれようとして生まれてきたわけではありません、それが変えることのできない宿命です。
子供が成長し、結婚する時期になると、不思議な組み合わせが出てきます。
男性が奇数番号の月に生まれたとすると、相手の女性も奇数番号の月に生まれていることが多いのです。
あなたも自分の身の回りの人たちを考えてみてください。

もし男性が長男であれば、奥さんは長女か三女、または末っ子ということが多いと思います。
奇数月生まれなら、相手も1月、3月、5月・・・というように不思議とそれが夫婦の縁になっています。
これが運命の共通点の一つです。
もし不幸にして亡くなった方がある時は(中絶、流産も入る)、その人を含めた順番で数えてください。

このように長男、三男、五男というように奇数番号に生まれると、不思議と奇数番号生まれの女性と結婚するのです。
これは一種の法則といえるぐらいご縁で結ばれます。

しかし、我々はこういう不思議さを全く感じていないはずです。
特に恋愛結婚の場合、相手が長女だから、また次男だから好きになった、などと考えても見ないでしょう。
たまたま巡りあって好きになり、結婚したら相手は長女だったというようなものです。
自然の流れの中で目に見えない不思議なところで、何となく運命が結びついているわけです。

長男が次女を好きになろうと、四女を好きになろうと不思議ではないのですが、こういう間柄では縁談が何となくまとまりにくかったり、とどのつまりが奇数番号の相手と結婚したという形になりやすいのです。
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/118-c4bde10e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)