FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
算命学・占いの雑学・運命の共通点(1)
算命学・占いの雑学・運命の共通点(1)

ご夫婦に子供が授かりました。
いい子に育ってもらいたい、丈夫な子供に、将来どんな子供になるだろうか、と期待し楽しみにしながら育てます。
その子が男の子であれば、跡継ぎにしょうとする傾向がありますが、これは日本だけではなく東洋の習慣のようです。

男の子がいなければ長女が跡継ぎにというように、最初に生まれた子供が家を継いでいくという習わしです。
しかし、長男が家を継ぐとは必ずしも限りません。
長男が父親と意見が合わない、家を出て独立した、結婚して遠方に行った、というケースはよくあります。

自分がいつどの年月に生まれてくるかということは選ぶことが出来ません。
一年は12ヶ月ですが、長男というのは「生まれた月」によって、「長男の役目をする月」と「長男の役目をしない月」があります。

長男というのは番号で表せば一番目です。
次男なら二番目です。
つまり、長男に生まれたということは、宿命的に言えば「奇数の順番」に生まれたわけです。
自分が望んだわけではないのですが、一番目というのが与えられた宿命です。

長男は「奇数」ですが、一年の12ヶ月にも奇数の月があります。
1月、3月、5月、7月、9月、11月が奇数の月です。
これが長男として生まれてくる宿命的な「奇数月」の仕組みです。

つまり、長男でありながら「偶数月」に生まれたとしますと、長男の役目をしないで分家していく運勢を持つことになります。
長男でありながら跡取りをしていない場合、生まれた月に注意すると「偶数月」に生まれていることが多いのです。
生年月日から納得できないこともあるのです。
生まれた「順番」と「生まれた月」が一致していれば、「環境」と「宿命」が一致していることになりますから、長男なら長男らしい役目を果たしていきます。
逆に生まれた「順番」と「生まれた月」が一致していなければ、長男としての役目を果たし切れなくなるのです。

たまたま次男でありながら「奇数月」に生まれたとします。
そうすると次男でありながら「長男の役目」をしてみたり、長男が排斥されて次男が跡取りをしていくようになります。

一番順当なのは、「生まれた順番が奇数の人」・・・「奇数月生まれ」
「生まれた順番が偶数の人」・・・「偶数月生まれ」
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/117-609959d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)