FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
占いの雑学・人生は12の「運勢」を描く(12)・・・従天運(最終回)

 ほとんど女性に多い運形で、親が生きている間は家族を持つことが出来ない、結婚が遅れる運形です。
従ってこれも一種の犠牲運といえるわけですが、親に縁が深すぎるというか、親にベッタリとくっついてしまう人生で、親がよほど娘の結婚というものに積極的な意志力を持たない限り、こういう運形に入ります。

本人は孤独の運勢でもないし、結婚運がないわけでもないのに親の犠牲になって親が死ぬまで自分の運勢を持てない、上がらない、家から離れられないのです。
小さい頃から何となく親に頼られたり、可愛がられ方がイビツであったり、親のいう通りにしていないといけないような強迫観念に縛られたり、親を悲しませたり、ガッカリさせたりするようなことは出来ないといった受身の心情ばかりが増幅する。
そんな育ち方をしてしまいます。

親の存在を過剰に意識している女の子や若い女性を時々見かけますが、この運形に入りやすいでしょう。
親が亡くなると、不思議に縁談話が舞い込み、スーッと運勢が上がっていくのですが、それはある年齢に達してからということになります。

以上のように12の運勢の基本形があります。
この集計は沢山の運命を集めて基本形を作ったものです。
はじめに申し上げたように、そのバリエーションは無数でしょうが、運命というものを「流れの形」で見てみると、こういうことになります。

何年何月何日に生まれたから、12の形のうちのどれになる・・・というものはありません。
同じ日に生まれた人は、世界中集めれば何万人といます。
その生年月日が持つ特性は特性として指摘できますが、家庭環境や諸々の育つ条件や本人の努力によって、運命の流れの形というものは違ってきます。
その違いのパターンが、以上にあげた12通りということです。
 
                                          …最終回…  光越
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/113-f8a0824b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)