FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
人生は12の「運勢」を描く(8)・・・七流
人生は12の「運勢」を描く(8)・・・七流

 子供が生まれてから父親なり母親なりが病気がちになったとか、父親の仕事が思うようにいかなくなった、というような家があったとすれば、その子供は七流の運形に入る要素を持って生まれてきていると判断していいでしょう。

生まれたときは、見事な家運で非常に良い運なのに、4才頃から不幸を味わうようになり、少年期、青年期とそれが続きます。
有限という運形は、家運が衰弱の真っ只中で生まれてくる運ですが、七流は生まれた時は裕福でいい家柄です。

これは本人が落ちるというより、七流の運勢が強くて親の運勢を破ってしまうと解釈します。
親の運勢が落ちますので、20代ぐらいまでは不遇ということになりますが、本人の運勢自体は強いものがありますから30代以降は急ピッチで上昇し続けます。
知的な上昇といいますか「印徳」、知性を軸にして成功を収める晩年を迎えます。

七流の形に入る子供というのは、普通の人より母体の胎内にいる日数が長いという特色があります。
胎内に長くいて生まれてくる子供は、親の運勢より強く、十月十日以前で生まれてくる子供は弱いのです。

親よりも運が弱い子供ならば、親がどんなに過保護に育てても大丈夫、つまり禍になりません。
しかし、親よりも運が強い子供、胎内に十月十日より長くいた子供は過保護にすると何かと禍を起こしますし、身体を弱くする子供になってしまうということがあります。

話しは少しずれますが、母乳で育つ子供とミルクで育つ子とは運勢的に見ると差があります。
医学的、健康的なことは問題ないのですが、スキンシップの違いというものが運勢に大きな影響をもたらすことは否定できません。

母乳で育つ、つまり母親とのスキンシップを一定期間持った子は、成長後に親との断絶とか親をないがしろにすることは少ないのです。
親と意見が合わない、親に反発するという子供は、やはりミルク派に圧倒的に多いのです。
これは統計的に証明されていることです。

また年子で生まれる場合は、長男はミルクで、次男は母乳でというケースがあるのですが、成人すると長男とうまくいかず、次男とは気が合うということが起こってくるわけです。

母親の胎内に長くいた子供は、七流の運形に入りやすいために、母乳で育てつつ、なおかつ甘やかさず、突き放して強く育てるということが望ましいと思います。
ただ、否応なく親の運勢、とりわけ父親の運勢が落ちるということは出てくるのですが・・・。
尚、七流の形に入った人というのは、この人を一代として、あとが女系家族になるという統計もあります。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/109-27acc8b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)