FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
算命学・占いの雑学・人生は12の「運勢」を描く(4)・・・源流
人生は12の「運勢」を描く(4)・・・源流

 この形は世の中に対して特別貧しくもなく、特別豊かでもなく、その時代の平均的な家庭の中で生まれてくる運形です。
中産階級の知的職業についている親や、知的な環境作りに熱心な親、知的なものに憧れが強い親を持った子供が、この源流という形の運勢を持ちやすいのです。

これは、芸術家の運形であり、樋口一葉とか三島由紀夫、太宰 治などはその最たるものでしょう。
才能が出始めてから死ぬまで才能が落ちるとか、途切れるということがなく、ただ命が短くなるのです。

平均的には40歳代ですが、人によっては30才だったり50才だったりしますが、世の中の平均寿命から見ればかなり短命の部類です。
普通の人が一生かかって発揮するであろう芸術的、学術的才能をせいぜい20年、30年という短い間に凝縮して発揮するものです。

小さい時は、まず何を考えているか分からないところがあり、自分の内面の意志力もハッキリとは表しません。
しかし、周りから見てどこか違うものがある、将来は何かをやる、そういう感じのする子供です。

そして、いったん自分の才能を発揮する、絵なら絵、音楽なら音楽、小説なら小説に出逢うと、それに向かって非常に強いエネルギーが出始めていきます。
習得能力も極めて強いので、自分が知らないものに対しては、どうして?なぜ?と大人の方が困惑してしまうほど突っ込んできます。

このような子供は、成人するかしないうちに世の中に認められ、40代ぐらいまでに一気に上昇していきます。
「福、録、寿、官、印」の「印」、つまり知性だけが物凄い強さを持っているのです。
その徳によって財力も名誉も自ずと伴ってくるでしょうが、本人は少しも喜びを感じないし、そんなものは少しも欲しがっていないように思われます。

才能だけの世界ですから、日々平穏に暮らそうとか、平和な家庭を持って家族に囲まれて喜びを感じることが出来ないし、子供に跡を継がそうなどとも思いません。また継がそうとしても継げる世界ではありません。

才能の趣くまま、激しい人生を送り、周りの人が平和な家庭を持つよう忠告しても、それには耳を傾けようとしません。
そして、才能に殉じたり、健康を害して短命に終わる結果になりやすいのです。

「印」、知性だけ欲しい人、「印」だけが強い人の人生というのは、どこかにこの源流的な激しい、登りつめて短命・・・という運形を形作ってしまいます。

皆さんは「福、禄、寿、官、印」、つまり、精神的な安定、財力、健康、名誉、知性の中で一番欲しいとしたらどれを選びますか。
その選ぶものによって、自分の運勢の形というものを、いつしかそれに相応しい運形をたどっていくことになるでしょう。
但し、選ぶに足る才能や能力を備えた上での話しですが。
スポンサーサイト




テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://39094122.blog77.fc2.com/tb.php/104-9ebd219c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)