フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・宿命と運命について
 宿命とか運命という言葉は、日常的に頻繁に使われています。
この二つはほぼ同意語として使われていることがありますが、深い相関関係にありながら全く別のものです。

宿命とは。

 「命が宿る」と表されるように私たちがこの世に命を授かった時の全ての個性をいいます。
そのために自分の努力で決して変えることのできない「不変」の個性が宿命です。

しかし、宿命に良い宿命、悪い宿命ということは決してありません。
但しその宿命に授かっている個性が、生まれた時の環境にその個性が合っているかどうかで、生まれながらに恵まれているか、相当の努力と改良が必要かに分かれてしまいます。

環境とはまず生まれた時の家庭環境と兄弟姉妹との関係、そして両親との関わりが最初になります。
更に成長と共に仕事に就き、そして結婚しますがその歩みを含め宿命に沿った生き方をしているかどうかということです。
つまりあらゆる「環境」が宿命に沿っているかが「鍵」になります。

運命とは。

 「命を運ぶ」と書くように自分たちの意思で授かった命を運んでいくという意味があります。
私達の人生過程において各々の選択によって変化していくものです。

「私は運が悪い」「どうせいい運命ではない」と落ち込んでしまう人がいますが、運命は確実に変えることが出来ます。
宿命は決まっていても、自分の考え、行動、生活によって面白いように変わっていくものです。
運命を変えられるのは自分自身です。

宿命の全てに沿った生き方をすることは難しいことだと思います。
しかし、少しでも宿命の個性に沿った生き方が出来れば、逆境から抜け出すことも、恵まれた人はさらに輝いた人生にすることが出来ます。

それが運命の摩訶不思議なことですが「人生の処世術」でしょう。

スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

算命学・占いの雑学・算命学とは
あけましておめでとうございます。
今年も算命学・占いの雑学を書かせて頂きます。
まずは算命学の成り立ちです。

算命学は古代中国、殷の時代に確立された陰陽五行説を基本にした学問です。
中国の宗教である「道教」の中の「神仙思想」が基本となって形成されたものです。

政治、軍略の要として、また時代の流れ、国家や企業の動き、更にリーダー達の性格や生き方、個人の運気や将来性などを幅広く予測できるため「占いの王者」と評されています。

一般的に言われている「占い」の域を大きく超えた「東洋の英知」であって「世界の予知学の王者」です。

日本に算命学理論が確立されたのは戦後になってからです。
中国人の算命学宗家から理論を受け継いだ文学博士、高尾義政先生によって算命学の膨大な理論を整理、統合し、昭和40年に全てを公開されたものです。

今日、東洋における人間探究学問の雄として国内、海外から強い関心を呼んでいる学問です。
「人はどのように生きるべきか」という基本的な命題のもとに、この世における役割を発見していく、それが算命学の役割です。

※陰陽五行説とは

この世にある全ての物を、陰(-)と陽(+)の二つに分けられます。
更に五元素である、木、火、土、金、水の要素が組み合って成り立っていくという考え方です。
そして陰陽五行説を立体的に捉えた「立体五行説」に結びつき更に奥深い基本理論となっていったものです。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。