FC2ブログ
フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のん太の里親さんが決まりました。
今日、土曜日は赤羽の三角屋さんで、にゃんこの里親会に参加しました。
ネットで見られた里親さんとお見合いが成立しました。
猫が大好きな若夫婦で2才の先住猫がいるそうです。

テレビを見る、のん太

CIMG0627.jpg


のん太の顔が気に入ったそうです。

11-11のん太

スポンサーサイト

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

算命学・占いの雑学・母と父の子供に対する運の影響度(3)
大体において優秀な子供が生まれる場合の条件というのがあります。
これは父親が真面目な父親であること。才能は別です。
母親がどこか抜けていてあまり利口ではない。
このような間で男の子が三、四人生まれると、その中の誰かは必ず成功していきます。

父親も優秀、母親も優秀ということがありますが、こういう家は女の子が伸びる家です。
男の子はなかなか伸びません。
男の子と女の子の育ち方に大きな差が出てきます。

今度は宗教家、芸術家、こういうのは非常に父親の影響が強く出てきます。
意外と父親が真剣に影響を子供の時に与えています。
父親の影響が大きいという子は、精神的な大人になるという要素が非常に強いということです。

ものの捉え方であれ、どっちがいい悪いではないのですが、自分の運勢を考えてみると、どっちかにかかってしまいます。
つまり自分の家は父親が強いのか、母親が強いのかと考えてみればいいのです。
その時に父親が弱かったが母親が強かったとなると、母親が強いパターンに入っているのであれば、自分は現実重視で行こうと人生の方向をこちらに向ければいいでしょう。

父親の影響が大きいというのは精神のほうに傾きますから、芸術とか精神の方へ進んでみようとか、人に物を教えようとか、こちらの方へ行きますと伸びるでしょう。


だから自分の両親を見ていて自分の運勢の方向を決めていけばいいわけで、いろいろな活用方法が出来ます。
どちらにしても家庭の中での男の子と女の子の育て方は、なるべく女の子は孤独に強いように、男の子は仲間作りが上手なように、そんなような育て方をしていただきたいと思います。



テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

算命学・占いの雑学・母と父の子供に対する運の影響度(2)
そこで子供が七歳とか八歳の時に両親が離婚して子供が母親のほうに行ったという場合があります。
こういう場合には、その子供は精神状態がそこから成長が止まってしまいます。
つまり現実には強くなりますが、大人になった場合に非常に精神的には子供の要素が残りやすくなります。
世の中で、小さい時に苦労して、一代で田舎から出てきて経済力を築き財界の第一人者ですというような方を良く見てください。
大抵父親の縁が薄く母親から育てられています。
だから精神的なことはあまり考えないのです。

貧乏はいやだと、まずその辺から考えます。
食べて寝るのに困らないようにしようと、そして母親の苦労を見て、何とか母親を助けてあげたいというので、もう現実な強さが若い時から出て、がむしゃらな働きをします。

それがやがて自分の考えの中で、自分の精神状態が向上してくるということはありますが、大体において一代で大きなものを作り上げます。
つまり初代運とか一代運、あるいは創設者といわれるような人の殆んどは母親の影響の強いパターンです。
そして母親が利口でないほうがいいのです。

母親が利口では困ります。
子育て上手な母親というのは、どこか抜けている親です。
そのほうが子供がしっかり育ちますから、いい子供を育てようと思うと一本抜いた方がいいようです。
子供から見て完璧な親だとなると、最大限に親を超えることが出来にくくなります。
知恵も労力もかなわない、このような母親を持った子供はいい子でしょうが、精神的に問題があるでしょう。

傍目から見れば頭が良くて行儀が良く、品があってとなるのですが、自分が結婚して子供が出来たとなると、奥さんに対する包容力はなくなります。
子供に対して慈しみもなくなります。
そのような心の変形が生まれやすいでしょう。
育つ間は大変いい子ですが、結果的に親離れしないで結婚したようなものになります。

大体利口な親から生まれる男の子は、若い時は運がいいのですが、晩年に運の悪い人が多いようです。
どこか抜けている親の子というのは、若い時に苦労しても年を取ってから成功する人が多いのです。

…続く…

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

算命学・占いの雑学・母と父の子供に対する運の影響度(1)
人間の運命というのは500年から1000年の単位の大きな流れの中に一人一人がいます。
自分の運命は何百年間かかって出来ているのです。
そこに生きるということの大変な価値があります。
自分一代どうなってもいいというわけにはいきません。

そして変化していく家系に時々大嵐が出てくることがあります。
そこに犠牲者が出てみたり、ある日降って沸いたような不運が出てくる家系があります。
そういう家系が何台か続き、男系の家族から女系の家族に移る場合、男性の方に犠牲者が多く出ます。
そして、女系家族から男系家族に移る場合、女性の方が犠牲者になるという要素があります。

運命鑑定のご相談を受けた場合でも、その子だけをいくら見ても分からないことがあります。
少なくても三代廻って見ていかないと分からないことがあります。
三代前など自分の知ったことではないといっても、そういう知らない人の運命が作用していることがあります。

父親の運も大切なことですが、実は人間の運命の七割の原因を持っているのは母親の方です。
父親の方は運命現象によってではなく、ものの考え方、捉え方に大きな影響を与えます。
しかし、母親の運命に対する影響力は七割位あります。
その意味では父親母親は対等ではありません。

母親だ、父親だといっても、自分たちが勝手に結婚して子供が出来たとなるのですが、生まれてきた子供にしてみれば喜んでいいのかどうかは分かりません。
そこにある程度の原因がありますから両親に対しあなたが悪かったのですと文句を言っても、すでに墓の中でしたら、これは運命というもので自分だけのせいではありません。

人間の運命的遺伝法則は、思考力の特色は大抵父親から遺伝し、行動の遺伝、行動特色は母親から遺伝します。
つまり縦は男性、精神となり、横は女性、現実となります。
こういう遺伝法則があります。

そこで父親と母親が特別の教育方法を身につけないでほっておきますと、自然に父親のものの捉え方、ものの考え方で夢とか想念、つまり形のない中味の問題、そういうものは父親のものが遺伝していきます。

ところが働き方、食べ物の好み、そういうものは意外と母親のものが子供に遺伝しやすくなります。
親と子はこのように繋がっていくわけです。

たとえば母親がいないで父親の影響だけで育った子供がいたとします。
そういう子供は精神的にはしっかりしている子が育つのですが、現実が伴わなくなりやすいのです。
極端に言うと夢が先に行って現実行動は非常に弱いという子供が出てきます。

その反対に父親がいないで母親だけの影響で育つ子がいます。
すると精神的には非常に幼稚な面がありながら、逆に行動面は逞しいというような子供が出てくることになります。
つまり精神の大人というのは父親の影響が多いということになります。
現実の強さは母親に貰うわけです。
 
…続く…

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

ウラナイ
人間の運命というのは500年から1000年の単位の大きな流れの中に一人一人がいます。
自分の運命は何百年間かかって出来ているのです。
そこに生きるということの大変な価値があります。
自分一代どうなってもいいというわけにはいきません。

そして変化していく家系に時々大嵐が出てくることがあります。
そこに犠牲者が出てみたり、ある日降って沸いたような不運が出てくる家系があります。
そういう家系が何台か続き、男系の家族から女系の家族に移る場合、男性の方に犠牲者が多く出ます。
そして、女系家族から男系家族に移る場合、女性の方が犠牲者になるという要素があります。

運命鑑定のご相談を受けた場合でも、その子だけをいくら見ても分からないことがあります。
少なくても三代廻って見ていかないと分からないことがあります。
三代前など自分の知ったことではないといっても、そういう知らない人の運命が作用していることがあります。

父親の運も大切なことですが、実は人間の運命の七割の原因を持っているのは母親の方です。
父親の方は運命現象によってではなく、ものの考え方、捉え方に大きな影響を与えます。
しかし、母親の運命に対する影響力は七割位あります。
その意味では父親母親は対等ではありません。

母親だ、父親だといっても、自分たちが勝手に結婚して子供が出来たとなるのですが、生まれてきた子供にしてみれば喜んでいいのかどうかは分かりません。
そこにある程度の原因がありますから両親に対しあなたが悪かったのですと文句を言っても、すでに墓の中でしたら、これは運命というもので自分だけのせいではありません。

人間の運命的遺伝法則は、思考力の特色は大抵父親から遺伝し、行動の遺伝、行動特色は母親から遺伝します。
つまり縦は男性、精神となり、横は女性、現実となります。
こういう遺伝法則があります。

そこで父親と母親が特別の教育方法を身につけないでほっておきますと、自然に父親のものの捉え方、ものの考え方で夢とか想念、つまり形のない中味の問題、そういうものは父親のものが遺伝していきます。

ところが働き方、食べ物の好み、そういうものは意外と母親のものが子供に遺伝しやすくなります。
親と子はこのように繋がっていくわけです。

たとえば母親がいないで父親の影響だけで育った子供がいたとします。
そういう子供は精神的にはしっかりしている子が育つのですが、現実が伴わなくなりやすいのです。
極端に言うと夢が先に行って現実行動は非常に弱いという子供が出てきます。

その反対に父親がいないで母親だけの影響で育つ子がいます。
すると精神的には非常に幼稚な面がありながら、逆に行動面は逞しいというような子供が出てくることになります。
つまり精神の大人というのは父親の影響が多いということになります。
現実の強さは母親に貰うわけです。

戻ってきました。
先住猫ちゃんとの折り合いがうまくいきませんでした。

ご家族はとても大切にし、可愛がって頂いていました。

こんなに可愛い仔猫を飼えないのは辛いと、本当に泣きながら手放されました。

お試し飼いで付けて頂いた名前「のん太」

「のんちゃんおいで」と呼ぶとぴょんぴょんと跳ねながら走ってきます。

のんちゃんの里親さん探しを又、始めます。


10-11-4.jpg

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

赤羽の三角屋さん
にゃんこの里親会に参加しました。
前から仔猫を見に来られていた方でした。
4人家族だとの事で日曜日にお届けします。



CIMG0604.jpg

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

お見合い。
里親さんはもともと「さくら」と「チビくろ」の2匹ご希望だったのです。

小さければ小さいほど犬に懐くとの事でした。
しかし、「さくら」が先約の家族にお試し飼いに行ってしまいました。

「チビくろ」のお見合いはキャンセルになりました。

が、新たなお見合いの話が出ています。

猫大好き4人家族だそうです。

餌の食べ方も上手くなってきました。
トイレは一度も失敗なし。
ぴょんぴょん走って遊びます、良い仔です。

この写真は、眠くなって、ちょっとおとなしくなった時のです。

まだどんな目の色になるのか分かりませんが。
パッチリと大きな目をしています。



10-11-2 チビくろ

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

お試し飼い。

チビくろです。
11月4日にお見合いが決まりました。
犬の居るご家族でいつも猫と一緒だったそうですが昨年、22歳の猫が亡くなって。
犬と仲良しになってくれる小さい仔猫を探しておられます。

先住犬と相性が良いといいですが。

20-10-28チビくろ

さくらです。
ご夫婦、大学生のお兄さんと高校生の妹さんの4人家族。
猫好き主婦のとても明るいお母さんと娘さんがネットでさくらを見つけてくれました。
多分家族全員猫好きになられるはずです。

20-10-28毛皮の上さくら

あびです。
とても猫好きの女性です。
猫のために広いペット可に引っ越しされています。
猫守りをしてくださる伯母さまがご近所にお住まいです。

7ヶ月の先住猫がいます。
きっと、仲良くなることとおもいます。
なかなか美人のアビシニアン系のメス


みーです。
前に飼われていた猫に、雰囲気が良く似ているということです。
7年ほどのまだ若い猫を病気で亡くされ、その悲しみを乗り越えて里親募集に応募されました。
自宅での仕事をされていますので「一日猫を観察できます」とのこと。
みーは11月3日か6日がお渡し日です。

10-20おなかを見せても平気

何かとお世話いただきまして有難うございました。
もしも万一戻ってくるようなことになりましたら又、里親さん探しをいたします。
その時はどうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。