フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・人間の役割と無(2)
人間には時代と役割というものがあり、それが一致すると「美」になります。
「美」というのは、それぞれの立場で違います。
十代なら十代の美、五十代ならそれなりの美があります。
五十代の人が若々しくしていたとしても、それは本当の美ではないでしょう。

たとえば大変働き者の主婦がいたとします。
この人は回りから見れば、若い時は褒められるでしょうが、この人がどんどん年を取っていっても、まだ働き者であるということは、あまり美にならないのです。
置かれている立場でどういう美を作っていくかを考えないと、そこに不運が生まれることもあるのです。

人間の運勢というのは、20年単位で大きなうねりがあるものです。
そしてその中で、いつも自分を空っぽにすることです。
空というのは、燃焼し尽くしてしまうことです。

20年の単位で、始めの10年間を一生懸命燃焼させて、後半の10年に物事を引きつけるのです。
これは若い方々への忠告になるかも知れませんが、学校を卒業する頃になると、適職を尋ねてきたりしますが、20代に適職につくというのは、波はあるものの苦労は少ないものです。
そのために自分の持っているエネルギーが綺麗に燃焼しないのです。
だから若いうちは自分の質に合わないことをやってほしいのです。

そうすると無駄なエネルギーをどんどん吐き出すことになり、改めて自分の本当の道が開けていくようになります。

最初からなるべく、小さな力で人生をうまく渡っていこうとすると、最初の頃はいいのですが、年を取ってからだんだん不満な面が出てくることになります。

20代では泥んこ、30代でその見返りが入ってくるのです。
これと同じことをいっている人の中に「道元上人」という人がいます。
彼が説いた教えの中に「道得」というものがあります。

これは、人間は何をやるにしても道を得なさいということです。
自己を何かにぶつけ、真の道を探せということです。
これは「老子」の中の「道」にも出ていることです。

仏教の修行方法には、滝にうたれたり、寒業をしたり過酷なものが多いのですが、これは自分の中身を空っぽにする方法です。
これが東洋思想の根源である「無」の思想です。
この「無」というのは、実は運をつかむ上でとても大切なものです。
この世が有形無限である限り、どこかが「無」になれば、そこに引力が生じ、物事を引き寄せる力となるのです。

・・・完・・・

スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

サ算命学・占いの雑学・人間の役割と無(1)
人間と役割についてお話しますが、まず結婚という状態を考えてください。
結婚の定義とは、最小の集団(家庭)を作ることです。
夫がいて妻がいますが、これは男性が夫、女性が妻と考えますが、運命学的にはそれとは関係がありません。
夫――妻――役割。 男――女――人間。
夫、妻というのは社長と補佐役の専務と考えてもいいのです。
国でたとえますと、総理大臣と閣僚みたいなものです。
何故ならば、家庭も国家も集団だからです。

そのために結婚をするというのは、最小の集団の法則に合った過ごし方がいいと考えます。
運命学的には女性だからといって、妻になる必要がありません。
女性が夫になってもいいし、男性が妻になってもいいのです。

ここに夫と妻がいて、経済的に困っているから二人で頑張ろうとします。
すると夫と妻の目的が同じになると、この夫婦は仲間なのです。
共稼ぎのご夫婦はこの形が多いでしょう。
友達夫婦の時は夫と妻はまったく同格です。
仲間ですから上下の差がありません。
人間の運命を追及するには、この考え方は非常に重要なことです。

これを会社という組織でご説明しますと、社長、部長、社員がいるわけです。
そして、会社を発展させるために、この三人が同じ目的であったら、この三者には上下の差は生まれません。仲間です。

仲間は、グループは出来ますが組織を作ることは出来ません。
そのために組織を作るために、社長には社長の目的があり、部長は社長そのものを目的とするのです。
そして、社員は部長を目的とするのです。

夫婦の場合も勿論そうです。
夫婦が同じ目的を持つと仲間になりますから、そこに子供が生まれると、子供も同格になってしまいます。
こういう家庭にあって、子供は親を敬えとしても、そういう感覚がなかなか生まれにくいのです。
つまり上下の教育が出来にくくなります。
同格(仲間)の夫婦は、子供の数が少なければいい形です。
しかし、家庭が本当に健全な家庭であるためには、組織化されていかなければならないでしょう。

会社とか国家というのは、理性的な組織であり、家庭というのは情的な組織です。目的が一つの同格夫婦というのは、一代だけなら大変素晴らしいものを持ちます。
二代、三代と続けていくなら亭主の力が強い弱いではなく、夫の目的に対して進んでいるものを、妻がそれを信じて進んでいくのが順当な流れです。

友達夫婦、友達親子という家庭は、百年、二百年で見た時は存続不能になります。運命学の思考は、一単位を大体三百年に置いています。
そこで運命を鑑定する立場では、子供運に恵まれない人にはこういう家庭の在り方、つまり友達夫婦の形を勧め、子供運が沢山ありそうな人だと、組織化された家庭を勧めるわけです。

ここにある一組の夫婦がいたとします。
その時点では子供もいないでしょうし、いてもまだ小さい、そして二人で一生懸命頑張ります。
つまりゼロからの出発で、どんどん運勢を上げていきます。
友達夫婦、仲間夫婦の場合はこの形がとても有効です。

しかし、安定期に入ったら組織化されてくる方が強くなります。
このことは一つの処世術で、いま自分の家を発展させようとすれば、仲間夫婦になるべきで、安定期にきたら組織型の形に戻ればいいのです。

それはその人達の心の在り方、コントロールというものが問題で、その時々にあった自由自在な心が必要になってきます。

・・・続く・・・

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

算命学・占いの雑学・十二支の質(2)
午(うま)の質
質は・・・火性(太陽)・・・南方です。
大変明るく暖かいが気性の激しさがあります。
直情的なために人生の壁は多い。
しかし、本来の明るさが性格的に裏表のない、人間性豊かで正直なために敵を作らない。
男女を問わず家庭内において心の豊かさを持っています。

 未(ひつじ)の質
質は・・・土性(田園)・・・南方です。
土性の特色は、剛な面と忍耐強い両面を持っています。
多芸多才のために一芸に秀でたものがなく、悪くすると気が多くなりやすい。
人生は平穏でお金に困らない。
若年期から壮年期に運をつかみやすい。
女性の場合、結婚が遅れやすい傾向があります。

 申(さる)の質
質は・・・金性(鉄鉱石)・・・西方です。
攻撃の本能が強く、活動力、前進力があって世の中が荒れた動乱期に力を発揮します。
動きが活発なだけに何をやっても一応やっていけますが、人生が多岐に流れやすい、まとまりにくい欠点があります。
行動がまず先で、考えはあとからついてくる、素早い動きに良さがあります。
私情に流されないために、情が薄く感じられることがあります。

 酉(とり)の質
質は・・・金性(宝石)・・・西方です。
美意識、気位が高く、直情的で性格的に激しさがあります。
名誉、名声、地位に対する憧れが強く、人目につく動きをします。
幼少期に迷いやすいために、目的をしっかり定めていくことが必要です。

 戌(いぬ)の質
質は・・・土性(山岳)
商人に向いていますが、コツコツ貯めていくような財力があります。
社交性、ユーモアがあり万人に好かれます。
そのために敵を作らず誰とでも和合していきます。
大器晩成型の典型です。

 亥(いのしし)の質
質は・・・水性(海)・・・北方です。
表面的には明るさを感じさせますが、内面に暗さもあって不思議な面があります。
物事に対し忍耐強く、苦難に耐えられる気質があります。
頭の良さや生活の知恵があるために、家族に心配を掛けず、難局を切り抜けていくことが上手です。


テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

算命学・占いの雑学・十二支の質(1)
 子(ねずみ)の質
質は・・・水性(雨・川)・・・北方です。
知恵、行動力に優れ人生の歩み方は上手です。
人生の波は荒い方で、若年期、晩年期に運をつかむが壮年期に落ち込む。
子供運は非常に良いものを持っています。

女性の名前に「子」という字をよく付けますが、水がないと子供が出来ないという願いが込められているためです。
つまり「水」そのものが「子宝」なのです。
逆にいえば子供のいない人は「財」に恵まれやすいのです。

 丑(うし)の質
質は・・・土性(田園)・・・北方の湿度です。
外面的な性格は柔軟性がありますが、内面は剛の質、自我心の強さは超一流。
人生の歩み方は平均的に着実で、壮年期以降に運をつかみます。
ものの考え方は、垂直思考のために一つのことに関しては人より秀でていますが、平面的に考えることが出来ません。

 寅(とら)の質
質は・・・木性(樹木)・・・東方です。
物事を守ろうとする本能が強く、独立独歩の気運が強い。
表面的には落ち着きがありますが、内面は活動力、前進力に溢れています。
自分の置かれている環境に合わせた生き方をしていきます。
観察力、洞察力、批判力、情愛の深さを持っています。

 卯(うさぎ)の質
質は・・・木性(草木)・・・東方です。
草は単独では茂りません、必ず集団を形成していきます。
集団を作るということは、協調性、政治性が自然と身に付いていきます。
そのことから経済力につながり、時代の流れをつかむのが上手。
しかし、世の中が平和な時代に力を発揮しますが、世の中が荒れた動乱の時代には力を発揮しにくい。
表面的にはソフトで柔軟性がありますが、内面に剛の質を秘めています。

 辰(たつ)の質
質は・・・土性(山岳)・・・東方です。
別名、神への使者。
方向は、天の川の河口のために人や物がよく集まるところといわれています。
そのことから流通の良さ、悪さに大きく左右され、自分一代で栄華を築くか、貧の世界に入り込むかどちらかと言われています。
性格的な内面は情熱的ですが、表現方法は下手の方です。

 巳(へび)の質
質は・・・火性(ローソクの火)・・・南方です。
周囲を明るくしますが、どこかに暗さもないと映えません。
つまり外面的には明るい雰囲気があるが、内面に暗さも持っています。
芸術的才能、特殊な創作能力を持っています。
直感力、感受性に優れますが、理論家でもあるために迷いと心の不安定を起こしやすい。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。