フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学・占いの雑学・運命は変えられる
たとえば子供が生まれたとします。
その瞬間にその子供の才能は何か?ということを知りえる学問が運命学のほかにあるでしょうか。
運命学では二つの答えが出てきます。

1.あなた自身の才能はこれです。
2.世の中で認められる才能はこれです。

これが分かれば将来の学校選びにどれだけ役に立つか分かりません。
そして、学校を卒業し世の中に出る頃になれば、単独行動を得意とするか、集団行動を得意とするかによって職業選びに迷うことがなくなります。

1.あなたの適職はこの世界です。
2.あなたは集団である会社に適します。適しません。
3.あなたは単独行動が得意ですから自由業の世界に適します。適しません。
4.あなたは集団の中でも単独行動に良さがあります。ありません。
5.あなたは集団の中でも特に集団行動に良さがあります。ありません。
6.あなたは自由業の世界でも集団を相手にした方がいい。
7.あなたは自由業の中でも個人を相手にした方がいい。

このように社会を歩んでいく道に間違いのない人生を進ませることが出来ます。
そして年頃になれば結婚の問題があります。

 その時、たとえばAさんという男性に対して・・・
1.B子さんとの結婚はうまくいきません。
2.C子さんとの結婚はうまくいきます。
しかし、C子さんとの結婚生活は大家族向きです。
核家族ではうまくいきません。
3.もしD子さんとなら核家族向きです。
だから大家族であればうまくいきません。
このように一人のAさんに対して、B子さん、C子さん、D子さんでこれだけ違ってきます。

更に・・・
4.あなたは結婚しない方がいい。
5.あなたは結婚しても子供を作らない方がいい。

そして例えば・・・
6.あなたは20歳で結婚すれば破壊の結婚生活につながる。
7.あなたは25歳で結婚すれば、途中まではうまくいきますが、冷たい夫婦のまま別れることが出来ない。
8.あなたは26歳で結婚すれば生涯うまくいきます。

つまりスタートが分かれば結果が分かるという運命の改良につながるのです。

また人生の途中での精神面での安定、不安定、健康面の問題、そしていつどん
な病気がやってくるのか、それを避けるにはどうしたらいいのか・・・
世の中に出て地位や名誉、世渡りに関する知恵、さまざまな問題に対する予知や
避ける方法の判断を下せるのは運命学だけだと思います。

しかし、私が勉強している運命学の理論は、摩訶不思議なものではありません。
全ての技術は自然界の法則から外れるものではありません。
ただ言えることは、自然界に陰と陽、昼と夜があるように、思考方法が立体的構造
であるということです。
それが分かった時、人間怖いものがないということになります。

例えば禍に巻き込まれ凶運というものが回ったとしても、これは当然の理として
受け止めてこそ、禍にならないということです。
人間の悩みというのは、自然の運命に対して、ある種矛盾のある生き方をした時
に生まれてくるのです。

たとえば今、現在そして未来は「右」ですよという天命に対して、自分の意志で
「左」に行った時に始まっているのです。
そして長い時間のうちに、そのスタートを忘れ自分の不運を訴えるのです。
しかし自然界は、その矛盾を自然の姿に戻そうとする時に人間の目には不運と
いう形に映るのです。
運命に振り回されるのではなく、自ら運命を作り出すことが出来るのも、この宇宙
の法則の成り立ちを知ることから始まっています。

                                             光越

スポンサーサイト
謹賀新年
謹賀新年

本年もよろしくお願いいたします

寅年は、演じる、動き出すという意味合いを込めた年周りです。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます


三か月ほど保護していた可愛い盛りの仔猫を暮れに里子に出しました。

荒川の河川敷で片目がぐちゃぐちゃで、もう片方もふさがっていました。
獣医師の最悪、右眼球を摘出という言葉でしたが幸いに薬の治療のみで眼球はしぼみました。

結果、左目は正常に治り、すっかり元気になって障害もなんのその。
おてんばでとても賢い良い子でした。
隅っこから遊んでいたおもちゃが出て来る度に涙が出ます。
自分の年齢を考えると、手放さざるを得ません


猫じゃらしで.2
猫じゃらしで.3
猫じゃらしで.1



大人の猫ばかり七匹いますが、とても静かな正月です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。