フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占いの雑学・不景気と好景気(2)
 世の中が陰の時代、不景気だからといって決して不安になることはありません。
陰の時代、不景気をいかに活用するか、と考えればいいのです。
夜になったら夜から逃げようとしないで、夜を活用することを考えればいいのです。
自分に与えられたものを上手に利用していく、これが運命学的発想方法です。

一年のうちに彼岸が二度あります。
春の彼岸から秋の彼岸までを陽とし、秋の彼岸から春の彼岸までを陰と分けます。
先程は時代の流れとしてご説明いたしましたが、ここでは一年の中でのことです。

春から秋までの陽の時期は、一年の中でも物が動く時です。
秋から春まではあまり物が動きません。
このように一年の中の小さなサイクルですが、陰と陽の動きがあります。
ですから陽のところでは、子供達を連れて大いに外へ出かけてください。
しかし秋の彼岸が来たら、家の中にいた方がいいでしょう。
そして秋になったら、お月見をし、冬至が来たら冬至の祀りごとをし、お正月のお祝い、立春のお祝いと、各季節の行事を子供達と一緒にやってみてください。

こういう行事をこまめにやる家庭の子供は、非常に季節感や季節の移り変わりを感じる子供になります。
そういう積み重ねのない家庭の子に、家庭内暴力や非行化する子供が多いのです。
無駄なようであっても、そういう行事の中で人間は自然と一体になることが出来るのです。
自然に即した生き方を続けていきますと、人間の運勢もまた、ずいぶん違ってくるものです。

…完・・・

スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いの雑学・不景気と好景気(1)
 現在の日本は間違いなく不景気の時代ですが、この不景気の時代は2015年までは続くでしょう。
2016年から30年間続く好景気の時代に入りますが、不景気、好景気の区切りは極端に一年で変化するものではありません。
不景気の色を黒とすれば徐々に好景気の色、白に変化していくために2010年頃から黒色から灰色に変化しながら2015年の好景気の時代に入っていきます。
つまり2010年を過ぎる頃から微かに明るさを取り戻していくと思います。

不景気の時代を「陰の時代」、好景気の時代を「陽の時代」とします。
一日のうちでも昼と夜があるように、世の中も昼「好景気の時代」と夜「不景気の時代」があります。

私の運命学では、景気というものをどう捉えているかといいますと「物の流れ」と解釈いたします。
つまり景気のいい時は物の流れが早いのです。
しかし、不景気の時は物が動きません、物が売れないのです。

景気のいい時は、人間も動きます。
不景気ですと、人間が動かないのです。
人間が動かないでする商売というと、どんなものがあると思いますか?
つまり人間の代わりをするものが動くのです。
例えば電信、電話、ファクシミリ、パソコンなどが活躍する時代です。
一方、人間や物が動く時代には、飛行機、船など乗り物が発展します。

陰の時代・・・不景気。
「物が流れない」「人間が動かない」「電信、電話、パソコン」「行動半径が近い」「映画、遊園地」「全体主義的」

陽の時代・・・好景気。
「物の流れが早い」「人間が動く」「飛行機、船」「行動半径が遠い」「「海外旅行」「個人主義的」
こういうことが解ると、株式でもその時代に伸びているものは株価が上がっていることが解ります。
景気のいい時代には、人が広範囲に動き、不景気になると狭い範囲で動きます。

遊びというものを考えた場合でも、動かないで遊ぶ、近くで遊ぶというと、映画館、遊園地などに人が集まります。
それに比べて不景気の時は、外国旅行はダウンします。

景気が良くて経済の動きが早い時は必ず個人主義がもてはやされます。
ところが不景気になると、全体主義なってしまいます。
こうなると、個人で何かをやるよりもグループとか、何かの団体に所属しているとか、集団の方が伸びやすくなります。

ただし大切なことは、世の中が全体主義で動いている時こそ、自分という人間の心の強さが必要です。
何故ならば、自分を見失ったら、それこそ川に流される木の葉みたいに揺れ動いてしまうからです。

…続く・・・

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

神社について
皆様の身近にある神社を取り上げてみます。
神道の中にもいろいろな派があります。
その中心を「宮」といいます。
つまり「神宮」ですが、そして神宮から分かれた「分社」というのがあります。
神宮から分かれた社という意味から「神社」と呼ばれるようになりました。
ということは「本店」と「支店」の関係です。
もし「○○神社」というのがあれば、必ず本宮がどこかにあります。

日本の神道には神社の格付けを表している組織図があります。
たとえば諏訪神社がありますが、その上には諏訪神宮があります。
そして、神宮の中で一番の頂点にいるのが「伊勢神宮」です。
その次が「明治神宮」と「出雲大社」です。
大社となっていますが伊勢神宮と格は一緒です。

出雲大社は大昔、島根県の出雲地方及び日本海側一円にいた出雲族という民族が祭っていたものです。
もともと出雲族は朝鮮、高句麗、百済の辺りからやってきた民族です。
そして、何代目かの王様が、大国主命でした。

しかし、南方(九州辺り)からやって来た天孫隆臨族(天皇家の先祖といわれています)が戦争によって日本全土を制覇します。
そのために出雲族と天孫隆臨族どちらも力があったために対立し、やがて二つの民族は話し合いをするようになりました。

その結果、大国主命は神様に祭り上げられたのです。
このことは会社を乗っ取って社長を会長に便宜上したようなものです。
そんな流れで日本という国は出来上がっていったのです。

神無月というのがありますが、これは天皇家と出雲族が話し合った末に一年12ヶ月の内、11ヶ月を天皇家が政治をし、1ヶ月だけ出雲族が意見を言うことになり、その1ヶ月の間、全部の神が出雲に集まったということでそう呼ばれています。
出雲は西の方ですから、寒い地方の人たちは行きやすかったのでしょう。

大国主命という人は出雲の族長であり、政治家でもあってとても偉い人でした。
大国主命は神道の神様であり、仏教の神様、巷の神社の神様であって、不思議な存在の人でした。
そして、仏教界、神道界、土俗信仰などを乗り越えたところに「大黒様」がいます。このように神様は古代の歴史の中から生まれてきたのです。

里子に行けなかった仔猫
兄弟ではありません。(別な所で保護)


ぐーとちろです。

同じ頃に生まれたものと。


ぐー.チロc

毎日、よく遊びます。

グー.ちろb


あーこのまま家の猫になっちゃうのかなー。


ぐー.ちろa

なっちゃってるのかな。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。