フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占いの雑学・夫婦の間に起こる仮想不安・・(完)
夫婦の年齢差について。

1.六歳違いの夫婦・・・正冲夫婦。
 
 たとえば夫が子年、妻が午年、夫が卯年で妻が酉年というように、十二支で180度の関係にあるのが正冲夫婦です。
この夫婦は、お互いに仮想不安に陥りやすく、相性はあまり良くないといわれています。
感覚的、感性的なズレが起こりやすい組み合わせです。
気を付けなくてはいけないことは、お互いに相手を思いやる気持が人一倍必要ですが、子供が出来ると救われます。
かえって平穏にいくという特色もあります。
ですから子供が出来るか出来ないかによって夫婦仲が変わります。
子供が出来ないとどちらかの落ち込みがひどく、離婚にまでいってしまう可能性も十分考えられます。

2.五歳違いの夫婦・・・窮変夫婦。

 夫が子年とすれば、妻が巳年または未年です。
つまり150度の位置にあたる組み合わせです。
窮変というのはどちらかに極端に片寄るということで、何か意見がある時、双方のバランスが取りにくく、妻なら妻の意見、夫なら夫の意見に片寄る傾向があります。
それこそ力関係で強い方に片寄る、そういう夫婦の状態が出来上がります。
それでうまくいくこともあるでしょうし、喧嘩ばかりということもあるでしょうが・・・

3.四歳違いの夫婦・・・適正夫婦。

 子年の夫から見て、正三角形の位置にある辰年と申年の妻がこれです。
適正というように夫婦の相性は良く、感覚的にも相通ずるものが多いのですが、それは夫婦だけに限ってのことです。
つまり、子供が出来たあと、子供を含めた家族構成において相性が良いかどうかは何ともいえません。
夫婦仲が良すぎて子供はそっちのけ、親夫婦優先の家庭が出来上がりやすいということで、特に子供の数が奇数だと家庭関係のバランスが崩れる危険性が大です。この夫婦には子供の数は偶数で欲しいのです。

4.三歳違いの夫婦・・・髄政夫婦。

 子年の夫から見て90度、卯年と酉年の妻がこれで、少々やっかいな組み合わせです。
というのは子供の数が一人とか二人とかの少人数だと一家のまとまりを欠く、とされているからです。
三人でも四人でも五人でも、子供の数が多くなるほど家庭がまとまっていく、そういう組み合わせです。
子供が一人か二人という家庭が増えている現在、三歳違いの夫婦には困った問題です。
しかし、この三歳違いというのは多産、つまり子供が出来やすいという面があります(八歳違いの夫婦も多産です)
子供が出来やすいのに一人か二人で抑えるということが、そうしたやっかいな原因かも知れません。

5.二歳違いの夫婦・・・参正夫婦。

 男の子が生まれると、そのたびに夫婦の間がだんだん離れていくという現象が起こりやすいとされています。
離婚というような決定的な決裂に至るという意味ではなく、夫婦仲が淡泊になっていくというか、無関心になっていくというか、そういうことになりやすいのです。
女の子でしたら何の影響も出ませんから、参正夫婦にとっては男の子が出来た場合、夫婦の絆を深めることに心を配って欲しいということになります。
女の子が続く場合は、家庭内に波風は起こらないので喜ばしいということです。
女の子ばかりが続くと親にとってはいささか淋しい、不運だと思われるかも知れませんが、こと二歳違いの夫婦に限ってはそう落胆すべきではない、むしろプラスに考えて良いでしょう。

6.一歳違いの夫婦・・・正颯(せいそう)夫婦。

 日頃は相性が悪く、傍目にも夫婦仲が良いとは見えない夫婦です。
夫が白といえば、妻は黒というぐらい、普段はゴタゴタもめやすい組み合わせです。
ところが家庭内に大きな問題、たとえば遺産相続のような問題が起こると夫婦の意見はいっぺんに一致する、そういう特色があります。
そして、その問題が解決するとまた文句を言い合ったりして暮らしていくという夫婦です。
家庭が平和であるといがみ合い、問題が生じると仲が良い、いわば波乱型の夫婦が多いわけです。

 ざっと述べてきましたが、結局どれがいい悪いとはいえないものがあって、それぞれが家庭なり家族なりのカラーや土壌になるのです。

夫婦仲とか夫婦の力関係といったものが、いかに子供の運勢や伸び方に影響するか、また子供の数や男の子、女の子の比率や生まれてきた順序が運命(偶然)であるだけに、何らかの意味合いを持つものだということを分かっていただくために書いてきました。

このことは、ひるがえって考えてみれば、子供にとって責任の持ちようがない部分であり、子供を産んだ親が責任を負うしかない、そのようなことがいえると思います。

子供は子供なりに成長と共に、自分に責任を持っていかなくてはなりません。
何でも親のせいにするのは間違っています。
子供自らが自立していく、知恵や意志を持たなくては、いつまでたっても強く伸びていくことは出来ません。
それはその通りですが、子供の知恵や意志ではどうにもならない運勢というものがあるのも否定できないのです。
夫婦のこと、家族のこと、そのことに親は責任があります。
                                    
  …完・・・
スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いの雑学・夫婦の間に起こる仮想不安・・(2)
仮想不安というものがお分かりいただけたと思いますが、これが夫の側に現れる場合があります。
この場合は、夫の稼働力が弱く、妻の方がはるかに強い場合です。

その典型的なケースは、妻が仕事を持ち、仕事が生き甲斐になっている夫婦関係です。
夫より家庭より仕事、という女性は勿論のこと、家庭も大事だが仕事も大事だという女性と結婚した男性というのは、たいてい仮想不安におちいるのです。
そういうエネルギーといいますか、運勢のスピードや燃焼度において男性は、女性にかなわないからです。

仮に仕事をしていなかった女性と結婚したとして、ローンの支払いとか何かで妻の方も結婚と同時に働き始めます。
すると必ずといっていいほど妻の方が伸び強くなります。
その分、夫の方が伸びなくなります。

結婚して彼は覇気がなくなった、能力が落ちた、時には病気にもなった、とそういう現象が起こってくるのです。
本人は、自分がダメになった、何かイライラすると、仮想不安になっているわけです。

そして、男性の場合の仮想不安は深刻な問題に発展しやすいという問題が出てきます。
結婚当初の頑張ろう!とか立派な家庭を作ろう!とか妻を愛し続けよう!とかもろもろの夢や計画が破れ、その反動として自信喪失というのは非常な打撃になっていきます。
妻への愛情というものも、だんだんおかしくなっていき、夫婦仲もいろんなズレが出てきます。
そういう成り行きの中で生まれてくる子供が幸か不幸かはいうまでもないでしょう。
前にも述べたように、男の子は弱く出るのは目に見えています。

近頃ダメな夫が多くなったとか、弱い夫が増えているとか、頼りにならない夫が目につく、といったことが社会心理学的によく問題にされます。
その通り、若い夫婦の間で夫が夫としての役割や力を発揮していないケースが多いわけですが、その最大の原因は実は「共稼ぎ」にあります。
共稼ぎが悪いということではありません。

新婚夫婦が共稼ぎでスタートした場合、夫が妻に負けてしまうのは、これは運勢学的に仕方のないことです。
結婚前から仕事をしている女性の場合はともかくとして、結婚後に働くという時には、結婚後三年間経ってからにすると夫の仮想不安は抑えられるということがあります。

結婚という大きな人生上の転機があって夫の運勢が安定するのに三年かかる、ということでもあるわけですが、共稼ぎを三年遅らせることで夫の仮想不安を避け、強い夫にすることが出来ます。

若い女性が働くことは大変結構なことですし、住宅事情など妻が働かねばならない背景もあるでしょうが、家族関係や子供の将来など長い距離で人生を考えた場合、結婚後の三年間を夫の運勢を安定させる時期と見なすのも、運命改良の方法として有効です。

結婚前から働いている女性も、結婚後いったん仕事を休んでみる、そういう余裕が持てるならそうしてもらいたいものです。
勿論カップルそれぞれの事情はあるでしょうが、結婚後の夫がどうも生彩がない、軟弱になったようだ、そんな気がしたら妻が仕事を辞めてみる、そういう方法をとってみて下さい。
夫婦となり家庭を持った以上、二人の間には運勢的な相互関係が生じているのだということは強調して強調しすぎることはないのです。

この仮想不安という状態は、不思議と六歳違いの夫婦に多いということがあります。
六歳違いというのは、生まれ年の干支でいうと正反対の位置にあたります。
専門的には「正冲夫婦」といいます。

  …続く・・・

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いの雑学・夫婦の間に起こる仮想不安・・(1)
夫婦関係というのはひとつの家族の出発点ですが、この相性などにギャップが広がるとどういうことになるだろうか、ということです。

ごく普通の家庭で見つける光景ですが、夫の稼働力(エネルギー)が大変強く、妻はそれに従って暮らしているとします。
夫の収入は安定しているし、先行きに不安もない、だから妻は専業主婦として家庭内のことに専念している。
子供達もよく遊びよく学んでいる。
そういう意味では中流家庭(大半の家庭を指します)のどこにでも見られる光景でしょう。

ところが、こういう家庭において、あるいは夫婦関係において妻(母親)が「仮想不安」という不安にかられることがしばしば起こります。

夫はエネルギッシュでよく働き、仕事に生き甲斐を持って張り切っています。
ものの見方や考え方も仕事に対する自信から非常にしっかりしている。
だから折に触れ、妻をリードし、時にはもっとしっかり家庭内のことをやれ!と小言を言ったりもします。

子供達も父親の影響を受けてそれぞれ気が強く、母親の方が追いつかないほどドンドン成長していく。
女の子などは、時折、母親を小馬鹿にするほど知恵がつき、活発に動き回っているかも知れません。
こういう家庭関係の中で稼働力が極端に少ない妻(母親)は仮想不安に陥りやすいのです。

たとえば「この子を良い学校に入れたい」と、そのことしか考えないということがあります。
子供についての心配事とか観察すべき事は沢山あるのに「良い学校に入れるだろうか、どこそこの有名私立校に入れるだろうか」と、そのことしか頭に浮かばなくなります。
子供は子供なりに勉強し、適当に遊んだり、友達付き合いをしているのに、遊んでいることばかりが気になり、この子は勉強しない!こんなことでは大変だ!とそのことばかりにとらわれてしまいます。

夫のことにしてもそうです。
体を壊さないだろうか・・・と、そのことが気になり出すと、もうそれしか頭に浮かばないのです。

つまりチョコチョコした心配ばかりで、決して系統立った心配といいますか、頭の働かせ方が出来なくなります。
ただもうダメだという不安ばかりが増大し、具体的にどう対応したらいいかとか、ある一定の展望の中でどう考えるべきかといった筋道が全くなくなってしまいます。
従って常に不安感があり、心が落ち着かなく、始終イライラしているそういうことになるわけです。

「家の女房は愚痴っぽくて困る」とか「家の母親はガミガミうるさい」などと夫や子供からケムったがれる存在になってしまう。
これは実は幸せ家庭でといいますか、夫は働き者で子供達はしっかりしている、そういう家庭で起きる現象です。

その日の生活に事欠き、明日はどう暮らしたらいいか分からないという人には、絶対に仮想不安はないといえば分かりやすいと思います。
生活には困らない、恵まれている、時間は有り余っている、何をして良いか分からない・・・そういう人に起こるのが「仮想不安」です。

たとえば仮想不安の母親の前で何か事件が起こり、子供が大怪我をしたということになると仮想不安はいっぺんになくなります。
その子を助けようというので全勢力を使う、つまり稼働力を最大限に発揮しますから仮想不安も何もなくなってしまいます。

その時の母親の稼働力というものは、夫や子供達の日頃の稼働力と同等かそれ以上でしょう。
つまり家族間の稼働力のバランスがとれた状態です。

・・・続く…

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いの雑学・迷いと夢・・(3)
人間の夢にも運命の神が味方してくれる夢と、味方してくれない夢とがあり、ただファイトさえ燃やせばいいというものでもないのです。
なぜかといえば、有願は自分本来の姿ではなく、環境によって生まれた願望です。
言い換えれば、自分を薬にして、それ以外の薬が自分の心の中に入ってきて、他力的に化学変化を起こしたようなものです。

そのために化学変化を起こしたエネルギーをある期間内に燃焼させなければ、自分の本当の姿が現れてきません。
化学変化を起こすとは、余分なエネルギーが付着するということで、早く洗い落とさなければ、真の自分自身が見られなくなってきます。

このような環境によって付着したエネルギー(想念)は、ある種の活力になるわけですから、外目にはファイトのある人、頑張り屋という印象を与えます。
しかし、天の神は手助けをせず、人間自身がどれだけの努力で燃焼させ洗い流すかを、じっと見守っています。

運命学では、この余分なエネルギーを洗い清めるまで、長い人で五十年、短い人で二十年と言い伝えています。
二十年なり三十年の年月をかけ、環境によって生まれた願望を消化すると、そこに初めて真の自分が現れ、運命の神がやおら立ち上がって、それから先の人生に手助けをしてくれるものです。

人間は有願を満足させ、燃焼させた段階で、はじめて自分の心の中から、環境に関係のない夢が生まれてきます。
それが人間にとって、真実の夢です。
同時に本当の自分なのです。

余分なエネルギーを洗い落としたあとに生まれ出る夢を「無願」といいます。
人間が無願を得るようになれば、特別の信仰心がなくても、常に神の力に気が付くようになります。
まだ有願の世界で無我夢中になって働き、頑張っている間は、あまり神の力を感じないものです。
感じるのは、自分の努力と力量だけです。

しかし、それでいいのです。
決して悪いことではありません。
有願の中にいる間は、神にも仏にも頼らないで頑張ってください。
神は見ているだけでしょう。

それでも有願をいつまでも消化できない人は、生涯無願の喜びを知らないまま、あの世へ行かなければなりません。
もし自分の力量不足で有願を燃焼しきれない人は、大いに神に願い、信仰心を持ち、神を信じることに多大なエネルギーを使ってみてください。
その消耗の中に、余分なエネルギーが消えていくでしょう。
無願の世界はあるがままの生き方をしていて、自然に目的地に連れて行ってくれます。

…完・・・

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

占いの雑学・迷いと夢・・(2)
まず両親がいます。また諸々の恩人がいます。
仕事を教えてくれた人や、何らかの影響を与えてくれた諸先輩がいます。
それらはすべて、自分を作っている過去です。

この過去と自分を結んでいるパイプが汚れていないかということで、もし過去の恩恵を忘れていれば、いつの日にか迷いの中に足を踏み入れることになるでしょう。
人生で無駄ということはあまりありません。
それを受け取る側の心の問題です。

もし人生の迷いの壁に突き当たった人は、今日から自分を形成してくれた方々との間の、パイプを掃除してみてください。
おそらく過去に戻ることによって、未来の光明の輝き度合いが違ってくるはずです。
運命学には「未来を見ることは過去の延長を見るべし」という言葉があるぐらいです。

世の中は幸、不幸いろいろな人が生活していますが、社会の中で真に営々とした成功を収めている人は、人に言われなくても、過去を「きれい」にしているものです。
また「きれい」にしているからこそ、成功への道へ進むことが出来たのです。
運命論以前に、人の行いがものをいいます。

人間はどんな時でも夢を見ます。
就寝中の夢ではなく、人生の夢です。
人間の夢や希望などを大まかに分けると二つに区分することが出来ます。

一つは「有願」といわれている夢や願いのことで、常に現実に立脚し、ある意味では、環境によって生まれた願望です。
たとえば幼少期に貧困の中で育ち、物質的な苦労が非常に多かった。
そのために、大人になった時、財力を身につけることを心がけたりする。
このようなことが有願ですが、有願には運命の神が味方してくれないという苦しさがあります。

…続く…

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

占いの雑学・迷いと夢・・(1)
人生にはいろいろな出来事があり、楽しいことも多い反面、道に迷うことも多いようです。
迷っている時間というのは瞬時に過去のものとなってしまい、時として過去そのものが迷いの積み重ねになってしまうことがあります。
人間の生活は、常に「過去」「現在」「未来」の三要素によって構成されており、「過去」を捨てて未来へ進もう」などと夢を追っても、なかなかうまくいきません。

なぜならば過去、現在、未来は川の流れのようなもので、川上から川下へ進んでいるわけで、川下から川上へ流れることはありません。
現在をおろそかにして、それが過去となれば川上の水が濁っているようなものです。

川上から濁流がやってくるのに、川下だけを清流に変えたいといって未来へ向かい努力しても、それは空回り、無駄な努力になります。

人間が何らかの形で幸運をつかみたいと思えば、少なくとも自然に、また当たり前のことに逆らわないで進むべきです。
自分自身の過去が濁っていると、人生はいたるところで道に迷い、壁に突き当たり、そこに「あせり」や「無理」が生じ、いつとはなしに不運という世界へ押し流されていくわけです。

あとになって「運が悪かった」などと嘆いてもすでに人生の敗者です。
そして敗者の過去をたどれば、敗者になるような行為と道の選び方をしているのです。
しかし、そこで人生をあきらめれば、次の人生においてまた迷いが始まることになります。
なぜならば、人生を「あきらめた」だけで、過去を綺麗に掃除していないからです。

人生に迷わない第一の条件は、自分の過去を常に清潔にして、過去のエネルギーが現在というパイプを通して、未来へ向かえるようにしていなければなりません。
大きい視野でとらえれば、現在の自分を作り出しているものは何であるかを、よく認識することです。

…続く・・・

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いの雑学・夫婦三つのパターン
占いの雑学・夫婦三つのパターン(2)

Aの型は仲間ですから、目的のためには片方が犠牲になることもあるでしょうし、他方も犠牲になります。
良くなっていく時は片方も良くなり、他方も良くなるわけです。
これが仲間なのです。

ところがBの型は、女房は家長しか見ていませんから、ご亭主は世の中で失敗しようと、成功しようと女房に対しては絶対的な責任を負わなければなりません。

夫婦の形で説明していますが、これを会社に置き換えて説明すると、社長がいて補佐役には副社長なり専務なりがいます。
Aの型の場合、社長と副社長が同じ目的を見て、「さあやりましょう」と言ったら上下の差が生まれなくなります。
本来、社長の役割と副社長の役割は違うはずなのです。
そうすると、社内全部が下克上になって「こいつを落として俺が社長になってやる」と、そういう派閥になってしまいます。

Bの型になると、専務が社長に「社長がやりたいようにやってみてください、社員は私が全部押さえます」というように役割分担となります。

Cの型では、社長は海外の輸出を一生懸命伸ばそうとしているが、副社長や専務は、外国はどうでもいいから日本のことをやりましょうと言っているように、会社がふたつにバラバラに動いていきます。
これでは会社全体の調和というものはなくなります。

会社でも家庭でもまったく同じなのです。
友人夫婦の奥さんが、亭主は私を少しも守ってくれないと不満を言っても、それはやっていることと生き方とが矛盾するわけです。
皆さん方がAのパターンを取ろうと、Bのパターンを取ろうと、Cのパターンを取ろうとそれは自由です。
好きな方法を選びなさいということです。

但し、Cのパターンを取ったら奥さんはご亭主に守ってもらおうと思ってはいけません、ということなのです。

もしBのパターンを取ったら、家の中を守るのが奥さんで、世の中に向かっていくのがご亭主だから、この奥さんは「私を守ってくれなければ困ります」と絶対的に権利主張していいわけです。
これはまったく矛盾がありません。
家長が進もうとするもののために、奥さんがやりやすくするわけですから、これは徹底した権利主張をしていいのです。
もしこの亭主が稼げなかったとしても稼げる、稼げないはこの亭主の責任です。
補佐役は堂々と要求していいわけです。

もしご主人が商売か何かで運悪く失敗したとしましょう。
Aの型で失敗したら家長も責任、奥さんも失敗です。
これは仲間ですから皆で責任を負うわけです。

Bの型でしたら、ご主人が失敗しても奥さんは責任を負う必要がありません。
このように、どの方を取るかによって人生の進み方が違ってきます。
そしてどの型を取るかによって、子供の育ち方に大きな影響を与えていくのです。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

占いの雑学・夫婦三つのパターン
占いの雑学・夫婦三つのパターン(1)

Aの型・・・仲間夫婦の型です。

結婚してご主人が頑張っています。
世の中でこうしたいという一つの目的があります。
奥さんも世の中を広く見ていて、その目的を見ています。
同じ目的を二人で見ていれば、この二人は対等ということです。
この型を仲間感覚の夫婦になります。

Bの型・・・補佐役夫婦の型です。

家長が世の中を見ています。
目的に向かって進んでいます。
奥さんは世の中を見ていません。
奥さんはどちらかといえば孤独で、友達が少なく、自分の範囲しかいませんから、奥さんが見ているのは家長だけです。
ご亭主だけ見ているのです。ご亭主は何に向かっているのか、よく分からないが自分はご亭主だけ見ているわけです。
つまりご主人を補佐していく型です。

Cの型・・・友達、友人型の夫婦です。

家長が世の中の目的に向かっていますが、奥さんの方も別の目的に向かっています。
二人が別々の目的を持っていることになります。
ご亭主は会社の中で出世しようと思ったとします。
奥さんは奥さんで小説家か何かになりたいという目的を持ったとします。
そうすると二人の目的がそれぞれ違うわけです。
つまりこういう型を友達、友人型といいます。

友達というのは、相手の生活があり、自分の生活があります。
相手の世界があり、自分の世界があるわけです。
つまり二人が別々の生き方をしていることになります。
ですから奥さんが「私は小説家になりたい」、「あなたは会社で出世してください」というならば、これは友人夫婦です。
友人夫婦だったら、男は女房に責任を持つことはないとも言えます。
友達なのですから、勝手にやってくれという感じなのです。



テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いの雑学・不倫の恋と天中殺
天中殺の期間中の大きな特徴に「精神の不安定」ということがあります。
事業家であれば、焦りによって思いもよらないことに手を出して失敗したり、受験生が冷静さを失って失敗したり、いつもの自分の精神状態とはまったく違った考え方をしたり、精神の不安定からくる禍を起こしやすい時期です。

この天中殺の期間は想念の広がりだけは宇宙規模に広がります。
夢の中で生きているような、つかみ所のない想念といっても言い過ぎではありません。
人恋しく、何となくモヤモヤしていて落ち着きがありません。
心の不安定からくる恋、浮気に走りやすいのが天中殺の期間です。
つまり世の中の常識から外れた恋ということになります。

こんな時期、ごく普通の家庭の奥さんが若い男性に熱を上げたり、すでに妻子ある立派な大人が若い女性に恋慕するということも多くあります。
男女を問わず普通では考えられないような恋愛に陥りやすくなります。

恋愛など卒業したはずの人が、家庭を壊してまで恋に陥っていく、この現象こそが天中殺と恋愛の深い関係にあります。
よく相談を受けることがありますが、それが「天中殺の時期」であったということがしばしばあります。

この結論は天中殺が終わるのを待ちなさい!と指導しています。
天中殺に始まった恋は、天中殺の時期が過ぎると我に返ってみたり、熱が冷めてしまうことが多いからです。
つまり恋愛が成就しにくい、というのが天中殺に見られる特徴のひとつです。

たとえ結婚できたとしても、結婚後、異性問題のトラブルや口喧嘩(口舌)が多いということになります。
ただ天中殺の期間中に恋愛し、天中殺があけてから気持ちが変わらず結婚ということであれば、大きな禍にはならないでしょう。
しかし、どうしても異性問題がつきまとう状態になりやすいかも知れません。
その恋が真剣であればあるほど、泥沼の苦しみもある程度は覚悟してください。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。