フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七五三
子供達の幸福や未来を祈って「七五三」のお祝いをしていますが深い意味合いがあります。
どうして三歳、五歳、七歳にお祝いをするのでしょうか?
そして何故、三歳と七歳が女の子のお祝いで、五歳が男の子のお祝いなのでしょうか?この機会に七・五・三の成立と本質を再確認してください。
この「七五三」の儀式は古代中国人の先輩たちが考え出したもので中国の道教にその基があります。

古代人の思想に「三歳入魂」「天地人三歳」というものがあります。
人間が生まれて一年目で「天の気が入る」・・・天の神の意思・・・「天」。
二年目で「地の気が入る」・・・地上を支配する神・・・「地」。
三年目で人間界に入り「人の気を受ける」・・・「人」。
つまり人間はどんな状態でも、どんなところにいても「天」と「地」の間にいるという思想です。

三歳のお祝いは・・・「三つ子の魂百まで」と言われますが、人間の記憶は三歳ぐらいから確かになり人間界の一員になることから三歳のお祝いをします。
子供が三歳ぐらいになると、生きているんだ!寒い、暑いという季節の移り変わりも実感として感じ取れるようになります。

五歳のお祝いは・・・地上の神の気を受けることになりますが、分かりやすく言えば地球上を取り巻いている「五元素」のことです。
それは「木の質」「火の質」「土の質」「金の質」「水の質」の五種類です。
この「五元素」の一つでも欠けたら酸素は生まれません。
自然界は勿論のこと、人間も生きていくことが出来ません。
これが「五神の気」といい、五歳になってこの気を全部受けます。
神に対して気を全部受けましたと報告しお祝いをするのです。

七歳のお祝いは・・・七歳になると天の気を受けることになります。
天の神とは・・・「太陽」「月」「木星」「火星」「土星」「金星」「水星」という七つの星です。
つまり七曜が全部揃う時が生まれて七年目です。
私は男の子、私は女の子、と男女の意識がハッキリしてきます。

儒教の教えに「男女七歳にして席を同じくすべからず」というのがあります。
七歳になるまでは男女を同じように扱ってもいいけれど、七歳を過ぎたら男の子と女の子の教育の仕方は違いますよと教えているのです。
そして全ての気を受けた七年目にお祝いをすることになります。

更に七五三というのは幼い頃の節目にもなっています。
三歳ぐらい、五歳ぐらい、七歳ぐらいというのは何かと禍にあったり、怪我をしたり、病気をしたりとそんな年回りでもあります。
何事もなく無事に七歳まで過ごしてきましたという感謝の意味もあってお祝いをします。

七五三の「七」という数にはいろいろな意味が含まれています。
生後七日目に「お七夜」のお祝いをし、将来の運勢を神にお願いします。
逆に人が死ねば、天の神に加護を願って「お七夜」の法要をします。
四十九日の法要は、7×7=49なのです。
七つの星を七回巡ることで「満中陰」といいます。
西洋ではラッキー7は幸運の数です。

七歳まではどんなにいい宿命(本質)を持っていても、自分の本質が思うように稼動しないことがあります。
まだまだ親が必要ですし、親と子供の愛情、スキンシップ、コミュニケーションが子供を最大限に燃焼させていくためのキーポイントになるはずです。
八歳を過ぎる頃になれば親がいても、いなくても自分なりの運勢をそれなりに稼動していくものです。

スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

子供の記憶力
 自分の子供が明るく通学している姿を見るのは実に気持ちのいいものです。
更に子供の成績がよければなおさらでしょう。
親の夢は果てしなく広がり、親自身大きな明るさが生まれてきます。

しかし意地悪のようですが、運命学の世界からその姿を見ますと、単純に喜べないものがあります。
子供の学力は、小学校、中学校の頃まではあまり運勢判断の基準になりません。

子供の学力を分類すると、二つのパターンに分かれます。
1.素晴らしくスピードのある頭脳で、記憶力が良く、いいことでも悪いことでもよく覚えている子供、学校に行っても特別に真面目というのではなく、適当に社交家の面を持っている子供・・・このような子供の特色は、明るい性格を持っていても、内面はかなりデリケートな感受性を持っています。

親に対しては優しく、少し甘えん坊的な要素が見える子供ですが、将来に対して一番安心できない子供のパターンです。
なぜならば、感受性の強さが感受性のみに働かないで、記憶力にまで働いているということです。
本来、感性と記憶力は別のエネルギーであり、運命学の世界では区別して判定するものです。

この感性による記憶力は、平面的な記憶力で積み重ねていくことが出来にくい構造を持っています。
そのために小学校や中学校の中頃までは好成績を取るのですが、高校、大学となると成績低下が激しくなり、本人も自信をなくし、大学受験などで何度も失敗するという運命を作るわけです。

なにしろ小学校時代に好成績をとるだけに、親の期待も大きく、本人も実に親孝行な性格を持っているのです。

2.それに反し、子供の頃に反応力が少なく、親の言葉を聞いているのか、聞いていないのか分からないような子供、そして、おとなしいが頑固な性格を持っている子供、自分のペースを崩さない子供、・・・このような子供の方が明るい未来が開けます。

このような子供は、感性によっての記憶力がないのです。
つまりフィーリングで物事を把握するということがありません。
そのために、一つ一つの事柄をたんねんに積み重ねていきます。
当然時間を必要としますから、小学校や中学校では実ることがなく、やっと高校生になった頃に力をつけてきます。

しかし、この運勢は一つの世界になじむまで時間がかかりますから、人生の変化に弱い傾向があります。
小中学校で転校したりすると、学校になじむまで成績低下が続くことになるのです。

学校の成績は、記憶力と創造力とのバランスが大きな要因となります。
感性と記憶力が一緒になりますと、頭脳の回転が早くなる反面、短期間で疲労するのです。

記憶力は創造力と結びつく方が、より長時間の人生行程を進むことが出来ます。
また記憶力は理性と一体になることが更に望ましいのです。
感覚人間は「若年運」、理性人間は「晩年運」ということになるでしょう。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。