フリーエリア

真リフォーム扇屋

プロフィール

ozaki koetsu

Author:ozaki koetsu
尾崎光越 プロフィール

算命学宗家、高尾義政先生に師事し1988年、免許皆伝の証しとして周位三段を修得しました。
開業にあたり1989年、光越(こうえつ)という称号を授かり現在に至っています。
宿命鑑定、運命指導に徹することが私の一番のモットーです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

占いの雑学
算命学に関連した占いの雑学、実例を掲載したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねーねーが見つかりました。
ちびくろとねーねー1

9月29日に飛び出してしまったねーねーが、10月30日1ヶ月後の今日、近所の家と塀の間にうずくまっているのを見つけました。
40分ぐらいかけてやっと目出度く保護できました。
ガリガリに痩せてはいましたが、何と元気で、餌を少しずつ食べています。

この写真は2年前、野良猫の仔と写しました。

今日のねーねーは何しろ姿が、見る影もなくやつれていますので元気になったら載せたいです。
うれしい、うれしい今日の出来事でした。




スポンサーサイト

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

占いの雑学・若さと老い・・(2)
今回は運命改良と共に、上手な年の取り方についてお話しいたします。
運命学のものの考え方として、若い時と老いた時をどのようにとらえるかといいますと・・・「若=純」「老=濁」と考えます。

若い時というのは非常に純粋です。
よく言えば純粋、悪くいえば単純です。
そして、老いというのは濁と考えます。
濁というのを広範囲にとらえると、濁りとか、ずる賢いとかのほかに、大人であるということです。

年を取って「私は純粋な年寄りです」と言っても、年寄りがあまりにも純粋だとそれほど美になりません。
あちらでもこちらでも、まあまあ程よくやっていくのが年寄りのいいところです。
若い人がその真似をしたら、逆に若さがまったく失われてしまいます。
ところが年を取ってくるとある程度、善もあれば悪もある、どちらとも付き合えるという濁の面があって初めて本当のいい年寄りと言えるでしょう。

日本人の感覚と大陸の考え方は違います。
お酒でも「灘の生一本」などというように、日本人は出来上がったすぐのものを尊びますが、中国で「老酒」といったように、お酒でも年取った方のものを尊びます。
これは大陸と島国の違いかも知れません。

年を取ると共に善と悪のどちらにも偏らないで中庸の精神を持つようにするのが上手な年寄りですと言えるでしょう。
若い時からある程度の段階を経て、年を取り始めた時に必要なのが、遊びながら、楽しみながら運命改良していくことです・・・完・・・


テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いの雑学・若さと老い・・(1)
 遊びながら運命を改良できるのでしょうか、というご質問を受けることがあります。
人間というのは努力することも大切ですが、遊ぶことも大切です。
どちらも人間が生きていく上で同じことです。

なかには大変真面目な人がいて、仕事もないのに朝一番で飛び出して、社員がまだ出勤してこないのに頑張っている社長さんがいらっしゃいます。
それはそれで真面目でいいのですが、真面目な人というのは発想の転換の出来にくいところがあって、ひとつのものにとらわれていってしまいます。

若い時にはひとつのものにとらわれても、物凄いほどのエネルギー燃焼をした方がいいのです。
それが自分のためになるとかならないとかの問題ではなく、何かに向かって燃焼していくことが非常にいいことです。
しかし、ある程度人生を歩み終えて、70代、80代になってまで何かにとらわれて一生懸命になると、あまり良さが出てきません。

若い時の良さというのは純粋さです。
前後の見境なく何かに向かっていくという純粋さです。
年をとると多面的な神経の使い方といいますか、そういうものが運命改良につながります。

年を取ってまでも、ひとつのものに全エネルギー燃焼していきますと、若い人の出番がなくなってしまいます。
年寄りが頑張っていますと若い人が伸びませんから、いつまで経っても後継者が出てこないことになってしまいます。
そして、自分はいつまで経っても休めないということになります。

遊びのなかでの運命改良というのは、実際には若い人のためではなく、ある程度人生を渡ってきた人のためのことです。
年を取るにも上手、下手があります。・・・続く・・・

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

探しています。
ネーネ

毎日、帰ってくるのを待っています。

ポスターを見た方からの情報を待っています。

名前を呼びながら、家の近所を歩き回っています。

一体、ネーネーはどこにいるのでしょう。


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

相性の悪い人との関係
私たちはさまざまな人達との関係で生きています。
その中には何となく好意を持てる人もいれば、何となく嫌な人もいるでしょう。
それが相性ですが、相性が良さそうだから付き合う、悪そうだから付き合わないでは駄目です。
しかし、この人とは相性がいい、悪いの判断はしておく必要があります。

その判断方法は、どんな人でもいいですから20分から30分ぐらい話しをしてみれば分かります。
相性のいい人と話をすると30分が非常に短く感じます。
少しも疲れないばかりか、いつの間にか一時間も経ってしまったといった具合です。
逆に相性の悪い人とお喋りしていると30分しか経っていないのに2時間も,3時間も経ったようで疲れてしまいます。

でもあの人とは相性がいいから付き合う、相性が悪いから付き合わない!それをすると自分の運勢を崩してしまいます。
そのためには大体6対4の割合で付き合ってください。
これは相性のいい人ばかり付き合っていると、相手のいいところが分かりにくくなってしまうからです。

相手の良さも悪さも分からないで、ただ単に相性がいいということだけで付き合っていると、自分というものが切磋琢磨されることがなくなります。
そこで相性の悪い疲れる人とも話しをしてみるのです。
この人と付き合うのは苦手だと思わないで付き合ってみてください。
そうすると相性のいい人と付き合った時に、その人の良さがより深く分かってきます。

しかし、この割合が逆になると困ります。
自分のエネルギーが消耗してしまいます。
ですから6対4の割合が必要です。
この割合は自分の人間形成にもとても大切なことです。
そして、付き合い方にコツがあります。
相性の悪い人と付き合う時は、自分は聞き役に回ることです。
つまり自分は受身の立場に立ってください。

相性のいい人と付き合う時は、自分から積極的に話しかけてください。
こういう付き合い方をしていくと、人間関係にバランスが取れ、極端な敵を作りません。
これも人生の処世術の一つとして活用してみてください。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いで見る秋華賞の結果
今回の秋華賞は上位、実力馬で堅く収まりました。

一着・ダイワスカーレット(安藤騎手)
二着・レインダンス(武幸騎手)
三着・ウオッカ(四位騎手)

配当

馬連・13-17・5880円
馬単・13-17・7220円
三連複・13-16-17・4640円
三連単・13-17-16・37630円

以上ですが実力上位で収まったにしては高配当でした。



テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いで予想する秋華賞
占いから見る「秋華賞」予想

京都競馬場・11R

13番、ダイワスカーレット(安藤騎手)・11番、べッラレイア(武騎手)・16番ウオッカ(四位騎手)
この三頭に偏った運気と人気のレースになりそうです。

馬券的にはあまり面白くないレースかも知りません。
その他に運気の良い上位の馬は、7・14・17番の馬です。
しかし、この組み合わせも馬券的には感激できそうにありません。

「安定の裏に波乱あり」という占いの原則に沿って次の予想で、3600円の投資で楽しみたいと思いました。

三連単・二頭軸・フォーメーション・
①軸・(11)(13)・・ヒモ(1)(2)(3)(4)(9)(10)=12点=1200円(一点、100円)
②軸・(13)(16)・・ヒモ(1)(2)(3)(4)(9)(10)=12点=1200円(一点、100円)
③軸・(11)(16)・・ヒモ(1)(2)(3)(4)(9)(10)=12点=1200円(一点、100円)

私はこの組み合わせで楽しんでみます。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

占いで予想する馬券、三連単
今週は秋華賞や2才ステークスなど面白そうなレースがあります。

馬と騎手の生年月日から予想してみたいと思います。
レース前日の夜から当日の朝に予想発表いたします。

人気やデーターとは関係ない、その日に集約された運気、運勢はなかなか面白いですよ。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

四方向と運のシーソーゲーム
人間は人それぞれが、自分なりの世界を持っています。
それを四方向に分けることができます。
外に出れば友人がいます。
あるいは仕事仲間がいます。
商売であれば取引相手かもしれません。
こういった外側の人間関係は、東方の人間関係です。

その反対側の西方には、内側の人間関係があります。
これは家族、配偶者です。

そして北方には自分の目上がいます。
これは両親も含みますし、会社の上司や社会的に地位が上の人も入ります。
そして南方には自分より目下や部下がいます。
子供は南方ですが、実際には成人前までの子供は配偶者に付随しているものですから、18歳ぐらいまでは西方に入ります。
それを越えて一人前になった子供は南方に入ります。
このように四方向に分類できます。

自分を中心にして…東方…友人、仕事仲間、取引相手。
…西方…家族、配偶者、成人前の子供。
…北方…目上、両親、上司。
…南方…目下、部下、子供。

例えば、どうも友人や仕事上の人間関係がうまくいかないという場合があるとします。
運命というのは必ずバランスの上に成り立っていますから、東方に欠点がある時には必ずその反対側である西方に原因があります。
ですから配偶者や家族とのコミュニケーションがうまくいっていないのです。

逆を言えば、家庭が非常にうまくいっている人は、よい友人、よい仕事相手に恵まれるとも言えます。
人間というのは、どこか不運があると、不運の方向にしか目が行かないものですが、その原因は必ずその反対側にあるということを覚えておいてください。

そして親や目上とトラブルばかり起こしている場合は、逆に子供から反発されたり、部下の離反があったりと、目上とうまくいっていない時は目下ともうまくいかないわけです。
東と西でシーソーゲームしたように、北と南もシーソーゲームするわけです。

このように人間は自分を中心にしていろいろな世界を持っていますが、一方に問題が起きる時には、その原因が反対側にあるということです。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

ねーねーが行方不明
ネネ顔アップ

居なくなったのは29日土曜日の夜遅くでした。
野良のサバちゃんに餌やりをしていたら、ねーねーが突然サバちゃんを追いかけて、出ていてしまいました。
外に出たことがほとんどないのでとても心配です。
だっこも好きでない猫なので誰かに連れて行かれることは100%考えられません。
どこか狭いところで縮こまっているのでしょう。

前に一度だけですが、居なくなったときもそうでしたから、思いつくところをあちこち見ているのですが。
名前を呼んで、鳴いてくれると良いのですが。

東京は土曜日の夜も日曜日の夜も雨でした。
今夜で3回目の夜になってしまいました。

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。